2020年9月23日

御城印ブームに乗って続々と…

下坂氏館跡 家紋背景に署名と花押デザイン

 浅井氏などに仕えた地侍の居館跡で国の史跡に指定されている「下坂氏館跡」(下坂中町)の「御城印」が完成し、19日から現地で販売されている。

 近年、参拝の証として発行している寺院や社寺の「御朱印」の収集がブームとなり、城マニアの間では各地の城を訪れた記念として御城印が人気を集めている。

 下坂氏館跡の御城印は隠居後に「一智入道」と名乗った当主の四郎三郎正治が浅井長政からもらった宛行状の由来を子孫に語った書状「下坂一智書置」から署名と花押(サイン)を抜き取り、デザイン。背景には下坂家の家紋を浮かび上がらせている。

 館跡を管理・運営する六荘地域づくり協議会が長浜城歴史博物館に制作を依頼して販売している。1枚300円。

 なお、館跡は8月8日から一般公開が始まり、今月22日に入館者が1000人を突破した。開館日は土日、祝日。入館料は高校生以上300円、小中学生150円。問い合わせは同協議会℡(62)0198へ。

 

田上山城 木之本の史跡保存会が作成、販売

 木之本町木之本の史跡保存会「田上山砦の会」(田中眞一会長)は賤ヶ岳合戦にゆかりのある「田上山城」の御城印を作成。町内の商店などで販売を開始した。

 「田上山城」は元亀争乱で朝倉義景が敵対する織田信長の侵攻を阻止するため、天正11年(1583)に着陣。賤ヶ岳合戦では秀吉の弟・羽柴秀長が標高323㍍の山に構えた砦のひとつ。

 会は地元に残る歴史遺産を後世に伝えようと住民有志が9年前に発足。メンバー14人が夏冬を除く毎月第3土曜に集まり、整備している。

 田上山城御城印はメンバーの福井昭雄さんがデザインしたもので、秀吉の家紋、秀長の花押が入り、中央に福井さんが揮毫した「田上山城」「近江木之本」などの筆文字が入っている。田中会長は「歴史遺産を末永く維持したい」と話しており、収益は砦跡の整備などに活用する。1枚300円。しんろく、ふれあいステーションおかん、キクヤオフィスサービスなど町内8カ所で販売。

2020年9月19日

長浜小合唱団が動画制作

「ともだちはいいもんだ」配信

 長浜小合唱団が新型コロナウイルス禍で元気を失っている人に贈る応援ムービーを制作し、動画サイト「YOUTUBE」で配信を始めた。合唱団自身も新型コロナで目標としていたコンクールが中止となり練習も中断を繰り返す環境に置かれているが、「私たち以外にも目標としていたものを無くしたり、失った人がいるはず。落ち込んでばかりいられない」と、歌に思いを込めている。

 同合唱団はNHK全国学校音楽コンクールを目標に活動し、地域イベントなどで歌声を披露している。今年は新型コロナの影響で練習が何度も中断し、コンクールやイベントの中止で発表の舞台を失った。それでも団員22人が感染症対策に注意を払いながら週2回の練習に励んでいる。

 応援ムービーは団員がコンクール中止の決定を「涙が止まらないくらい悔しかった」などと振り返りながら、「大切だったのは仲間との時間」と友人の大切さに改めて気付いたことを語り、合唱曲「ともだちはいいもんだ」を歌い上げている。

 最後には団員がメッセージを語ってつなぎ「コロナウイルスがやってきて気付いたこと。命の重さ、当たり前の日々の尊さ、そして友達の大切さ。私たちは一人じゃない。仲間がいる。明日があり、未来がある」「みんなで明るい未来を作ろう。みんな一緒に大きな一歩」と呼びかけている。

 指導者の北村美佳さんは「子どもなりに何かの形で大人と同じように少しでも力になれたらと心を込めて語って歌ってくれている。一人でも多くの人に子どもたちの思いが届けば」と話している。動画はhttps://www.youtube.com/watch?v=bIm2Gai6oXcで視聴できる。

2020年9月15日

元浜町で石仏2体盗難

住民困惑「返還」「情報提供」求む

 元浜町で8日、地蔵など石仏2体が盗まれているのが見つかった。住民たちは「長年、守り続けているお地蔵さんを盗むなんて」と罰当たりの犯行に怒りを露わ。地元2自治会は同日、長浜署に被害届を提出した。

 8日朝、大手町自治会の男性が大手門通りの安浄寺前の地蔵堂内の地蔵が無くなっているのに気付いた。同じ日、その現場から約200㍍離れた駅前通り沿いで、御堂内の石像2体のうち、大師像の上半身だけが盗まれているのを西本町自治会の女性が発見。いずれも、自治会長を通して、署に被害届を出した。

 大手町の石仏は「大手延壽水護縁喜地蔵」(通称・大手延寿地蔵尊)と呼ばれ、自治会によると、80〜90年前、十一川から出てきた地蔵さんを住民がもらってきたもの。移転を繰り返し、現在のアーケード内に安置された、という。

 市の文化財などには登録されていないが、地蔵盆には多くの子どもや住民が参拝。また、市街地を散策する観光客が手を合わせ、拝む姿もよく見られていた。

 供花の世話をしている女性は盗難が判明した前夜、石仏があったことを確認しているが、商店街は深夜、人通りが少なく、御堂の扉の施錠もされていなかった。単独犯とみられ、署では関連性を調べている。

 市民協働部の太田浩司学芸専門監は「まったく罰当たり。いずれも新しい石像のため、骨董としてオークションや市で流通する可能性は少ない。マニアがコレクションとして、自分の庭などに飾るために盗んだのでは」と推測する。

 杉本義明自治会長は「先輩方が大切にし、地域に愛されてきた町の護り仏。戻ってきてほしい。何か情報があれば、ぜひ教えてほしい」と呼びかけている。

 大手延寿地蔵尊は高さ約25㌢、幅15㌢で重さは8㌔程度。目鼻立ちがはっきりしているのが特徴。7日午後7時から8日午前5時半までの間、盗まれたとみられる。情報提供は杉本自治会長℡090(8824)9372へ。

2020年9月14日

おしゃべりボランティア「話咲隊」

主体は70代80代   社会とのつながり  元気の源

 古くから市街地を形成し、商店や住宅が密集する長浜市の中心地区。現在は住民の高齢化と若者の流出で高齢化率が30%を超え、高齢者世帯のサポートが地域の最重要課題となっている。80歳以上の高齢者が1200人を超えるこの地域で、男女11人が高齢者の話を聞いて寄り添うおしゃべりボランティアグループ「話咲隊(はなさかたい)」を結成。メンバーの中心となるのは70代、80代の高齢者だ。

 話咲隊は長浜地区地域づくり連合会の呼びかけで今年1月に結成された。昨年開いた講座「おしゃべりの門には福来る」の受講生で構成される。2人1組で高齢者宅を訪問しておしゃべりに花を咲かせ、悩みや困りごとを聴いたりする。新型コロナウイルスの影響で本格的な活動を控えているが、交流の場を企画するなどして活動の輪を少しずつ広げている。

 長浜地区社協会長を務める吉村三津子さん(73)=一の宮町=は「社会とつながっていることが元気につながる。人の役に立つ活動が自分の元気になる」と率先して参加した。「コロナで手帳は真っ白になった。意識して活動しないと筋肉も頭の回転も衰えます」と語る。

 沢尾珠枝さん(73)=大宮町=は「先輩としゃべると料理や健康の話などいろんなことを聴ける。高齢者も楽しめて自分も勉強になる一石二鳥の取り組み」と話す。

 藤居雅子さん(80)=朝日町=は自身が立ち上げたサロンが新型コロナの影響で活動中止となり、外出の機会が減ったことから隊への参加を決めた。「コロナでどこにも行ってないし、会っていない。これでは足が弱ります」と語っている。荻田和子さん(83)=北船町=は藤居さんの誘いで隊に入った。「助けてもらわなあかん年齢ですが、コロナで人に出会う機会が減った。自信はありませんが、元気な方とおしゃべりして元気をもらいたい」と話している。

 自治会長を担当し、地域づくり連合会で活動したのを機に「地域の人を見守る活動をできれば」と参加した野中文雄さん(72)=高田町=は数少ない男性メンバー。「女性の方がおしゃべりが上手かもしれないが、男性と話が合う高齢者もいるかもしれない」と語る。

 隊員が口を揃えるのは新型コロナが与える健康への影響。外出や人に出会う機会が大幅に減り、体の変調を感じ取っている。このため、ラジオ体操を日課とするなど健康管理に気を遣っている。藤居さんはラジオ体操のほか、琵琶湖までウォーキングし、ハーモニカを演奏している。野中さんは酒、たばこをせず、早寝早起きの規則正しい生活を心掛ける。沢尾さんは長浜市が推奨する「きゃんせ体操」を楽しみ、「あとはテレビや週刊誌で紹介された体操や食事はすぐに取り入れます」と笑う。

 25日には長浜まちづくりセンター(さざなみタウン内)で話咲隊の交流会を開く。「コロナ落語」「きゃんせ体操」のほか、お話会がある。5人は「気楽に参加して一緒におしゃべりしませんか」と呼びかけている。希望者は長浜地区地域づくり連合会(℡64・2753)へ予約を。

2020年9月14日

コロナ禍の結婚式 オンラインで

高月出身のカップル  Zoom活用し

 新型コロナウイルス感染症の影響で結婚式の延期が相次ぐ中、高月町出身のカップルが12日、北ビワコホテルグラツィエでテレビ会議システム「Zoom」を活用した結婚式と披露宴を行い、親族や友人からモニター越しに祝福を受けた。

 挙式したのはいずれも高月町出身で現在は野洲市に暮らす今井伸洋さん(30)と吉内明日香さん(31)。当初6月に京都で挙式を予定していたが、新型コロナの影響で延期。Zoomを活用した式と披露宴を同ホテルと一緒に準備を進めてきた。映像の撮影や配信などはホテルから委託を受けたイベント会社「匠SOUND」が手掛けた。

 ホテルのチャペルで行われた式には両家の親族ら約40人が出席し、指輪交換のシーンなどをリアルタイムで配信した。新郎新婦と両親の計6人のみの披露宴では、親族や友人、職場関係者ら約50人がZoomで参加。あらかじめ新郎新婦が参加者に送っていた地酒「湖濵」と「南浜ぶどうサワー」で乾杯した。職場の上司はビデオレターで2人の門出に祝福のメッセージを送り、友人や親族は新郎新婦にまつわるクイズに参加したり、メッセージを送ったりして2人の門出を祝福していた。

 伸洋さんは「こんな時期なので挙式を迷ったが、一つのけじめとして2人の歩みを皆さんに見届けてもらいたかった。ライブビューでみんなの顔を見られて近くに感じました」と語り、明日香さんは「親戚や職場の方が思っていたよりも楽しみにしていて下さった。リモートでの披露宴に心配な面もありましたが、ホテルの皆さんが不安を解消できるようにしっかり準備をしてくださったので、無事に楽しい式を挙げられました」と笑顔を見せていた。

 同ホテルでは4月末を最後に挙式がなく、この日の式は4カ月ぶり。企画広報部長の冨永浩司さんは「Zoomを利用した挙式は初めての経験でしたが、こういう形でも幸せを伝えるお手伝いができて嬉しい。今後も需要があれば対応していきたいので、コロナで挙式を諦めようと思っている方は一度、相談して欲しい」と話している。

2020年9月9日

消防職員のアイデア 全国会長賞に

煙体験ゴーグルと救急はさみ用アタッチメントを開発

 湖北地域消防本部の職員4人が開発した煙体験ゴーグルと救急はさみ用アタッチメントが全国消防協会主催のコンテスト「消防機器の改良及び開発並びに消防に関する論文」の機器の部でそれぞれ会長賞に輝いた。

 コンテストは消防機器の改良・開発などのため同協会が全国の消防署から作品を公募して毎年開催。2019年度は全国から130点の応募があり、ゴーグルとはさみはいずれも会長賞の最優秀賞(1点)に次ぐ秀賞(6点)に輝いた。

 煙体験ゴーグルは市販の安全ゴーグルに乳白色のシリコンシートを貼り付けたもの。長浜消防署西浅井出張所の野洲裕樹さん(45)、北村福将さん(30)が開発した。装着するだけで火災現場の煙の中にいるような視界を体験できる。シートの色や厚さによって煙の種類を変えることもできる。

 従来の防火訓練では火災で発生する煙の怖さを知ってもらうため、テントを使って煙体験ハウスを設営するのが一般的だが、時間、場所、天候に左右されるのが難点だった。ゴーグルはいつでもどこでも簡単に使用でき、体が不自由で訓練に参加できない高齢者や煙を怖がる幼児にも煙を疑似体験してもらえる。

 福祉施設や認定こども園で試用したところ好評で、2人は「火災や煙の怖さを実感してもらうことはもとより、防火への関心を持って頂ける一助となる手応えを感じた」とレポートしている。

 救急はさみ用アタッチメントは傷病者の衣服を裁断する際に使用する。長浜消防署余呉出張所の志賀英夫さん(39)、冨士野惠浄さん(39)が開発した。はさみで裁断する際、衣服に「よれ」ができるため、服を引っ張るために両手を使ったり補助員が手伝う必要があるが、多数の傷病者が発生するような現場では1人での素早い裁断が求められる。開発したアタッチメントは、はさみに装着することで衣服の「よれ」を解消できる構造で、隊員1人でスムーズに裁断できる。

 全国大会の場で表彰される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となったため、「救急の日」(9月9日)に合わせて、9日、湖北地域消防本部で表彰式を実施した。野洲さんは「救助の現場や住民参加の訓練で有効に使えるようこれからも開発・改良を進めたい」と話している。

2020年9月7日

延期の音楽劇、来年1月公演決定

「とりあえずあんみつ!」出演者がPR

 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた長浜文化芸術ユース会議「はまかるNEXT」主催の音楽劇「とりあえずあんみつ!」の公演が来年1月9、10、11日、長浜文芸会館に決定し、出演者が舞台衣装姿でPRした。

 同会議は40歳以下の地元アーティストや文化ホール職員らで構成し、文化芸術で長浜を盛り上げようと活動している。公演は同会議の演劇部門「はまかるエンゲキヴ」が日ごろの練習の成果を発表する舞台で、歌、ダンス、脚本、衣装、道具すべて手作りのオリジナル音楽劇となる。

 20世紀初頭の田舎まちを舞台に、歌劇団のオーディションを目指す少女と、少女を応援する女性3人の日常を描いた群像劇。あんみつ好きの4人を通して、コロナ禍前までは当たり前と思われてきた「日常」の大切さを伝える。

 脚本を衣装作家の井口真帆さん、演出を同会議事務局長の磯崎真一さん、プロデューサーをフリータレントのもえりーぬさんが担当。出演は井口さん、もえりーぬさんら男女8人。

 当初は6月に公演を予定していたが、新型コロナの影響で延期となっていた。来年1月の公演は9日午後7時、10日午後7時、11日午後2時からで、定員は各100人に限定する。入場料は全席自由で一般予約1500円、当日2000円、25歳未満予約1000円、当日1500円。チケットの予約開始は10月以降を予定している。問い合わせは同会議事務局℡070(1795)2953へ。

2020年9月2日

日本リーグ、米原で開幕戦

ホッケー、ブルースティックス滋賀

 ホッケー日本リーグに今シーズンから参戦する「ブルースティックス滋賀(BS滋賀)」(米原市)が開幕戦を地元、OSPスタジアム(旧県立伊吹運動場)で戦うことが決まった。PRポスターも完成し、選手たちは「チーム一丸、頑張りたい」と意気込んでいる。

 チームは今年3月、米原市民と聖泉大学の学生計31人で編成され、今シーズン、実業団と大学が加入する日本リーグに参戦。4〜6月、10〜11月、地元以外で8試合を戦う予定だった。

 ところが新型コロナウイルスの影響で、日程が大幅に変更され、チームが所属する2部リーグは10月3日から12月13日まで9チームによる総当たり戦を行うことに。当初、今シーズンはホームでのゲームは予定されていなかったが、日程変更に伴い、開幕戦と10月4日、24日、25日は会場がOSPスタジアムとなった。

 チームにとって、ホームゲームは力強い味方。練習にもより一層力が入っている。キャプテンの福居陸希選手は「開幕戦をホームスタジアムで迎えられることを嬉しく思う。コロナ禍で、チームとして十分な練習ができていないが、こういう時だからこそ、多くの皆さんに元気を届けられるようなチームとなるよう選手一丸となって頑張りたい」と意気込んでいる。

 また、チームでは士気を高める3種類のポスターを計900枚作成。躍動する選手たちの写真とともにチームの試合日程、サポート企業、サポーターの募集を掲載。「滋賀ブルーで世界を染める」「真剣勝負。」「いざ頂点」のキャッチフレーズを入れている。

 スポンサーに配布したほか、選手たちが近隣を回り商店や事業所に掲示協力を求めている。なお、開幕戦は10月3日午前11時から、対セルリオ島根。

2020年8月26日

草野君 関西選手権で準優勝

タイムリー放つ活躍 「甲子園目指す」

 長浜北中3年の草野友雅君(15)の所属する硬式野球クラブチーム「大津瀬田ボーイズ」が関西選手権で準優勝した。草野君もフル出場して2点タイムリーを放つなど、チームの勝利に大きく貢献した。

 関西選手権は第51回全日本少年野球大会(8月8日)が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となったことから、ボーイズリーグ関西ブロックが急きょ代替大会として同日、大阪シティ信用金庫スタジアムを拠点に開催したもの。

 7月に行われた関西各支部予選を勝ち抜いた9チームがトーナメントで競い、大津瀬田ボーイズは初戦で神戸甲南を2対1のサヨナラで、準決勝で京都宇治を10対3の5回コールドで下した。決勝は播磨に5対10で敗れた。

 草野君は主にライトを守り、打順は5番。滋賀予選の決勝戦では決勝点となる2点タイムリーを放ち、関西選手権でも準決勝で2点タイムリーを叩き出すなど攻守で活躍した。

 小学2年から長浜北スポーツ少年団で野球を始めた草野君。小学生時代に県の次世代アスリート発掘育成プロジェクト「滋賀レイキッズ」に選ばれ、大津市を拠点に活動したのが縁で、中学生になって大津瀬田ボーイズに入った。練習は週末にあり、朝5時半に起床して電車で瀬田へ。県外からも強豪選手が集うチームで厳しい練習に励んできた。

 7月の県予選で優勝し、全国大会まで1週間と迫った日、突然、大会の中止が発表された。全国で「第2波」とみられる新型コロナの感染が拡大したためだ。すぐさま、ボーイズリーグ関西ブロックが代替大会を模索し、急きょ関西選手権の開催が決まった。

 「目標だった全国大会がなくなって落ち込んでいたが、関西大会を開いてくれてすごく感謝したい」と話す草野君。関西大会での準優勝に「ちょっと悔しいけど一生懸命やったし、満足のいく結果。この負けをバネにして、高校では甲子園を目指したい」と気持ちを新たにしている。

2020年8月26日

剣舞打ち込む若者2人 最後の稽古

コロナ禍で半年間出番なくとも

 剣舞と歌謡舞の「光粋流舞道」のけい古が24日夜、朝日町の武徳殿で行われ、塾生の2人が学業専念のため最後のけい古を迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、半年間、剣舞を披露する機会のないまま区切りをつけることに「寂しい思いもあるが、ここで学んだことをこれからの人生でも生かしたい」と前を見据えた。

 光粋流舞道は、正義流剣舞術師範の西邑光粋さん(本名・正光、神前町)が2000年に創設。正義流の型を基本としながら、湖北にゆかりのある武将や合戦を詠んだ句で舞う剣舞術、「ふるさと」などの唱歌に合わせて扇子を手に舞う歌謡舞の指導を活動の柱としている。

 例年は地域の神社のまつりなどで剣舞を奉納してきたが、今年は1月1日の長浜八幡宮の元旦祭、2月11日の多賀大社の紀元祭での奉納のみで、その後の予定は新型コロナの影響ですべて中止となった。

 虎姫高3年の村上光君(17)=余呉町下余呉=は5歳から剣舞を習い、2年前には「名取」に。大学受験に集中するため、この日が最後のけいこ古となった。速水一君(15)=木尾町=も9月から岐阜県内の高専での寮生活がスタートすることから、この日が最後。半年間、奉納や発表の機会がなかったが、けい古に向き合ってきた。この日も普段通り西邑さんの前で舞い、所作について指導を受けていた。

 村上君は「剣舞を通して心の軸のようなものが身についた気がする。奉納する機会がなく寂しい思いがあるが、機会があればけい古場に顔を出して小さい子どもと一緒に舞いたい」と語り、速水君は「最後のけい古という実感が沸かない。これからも冬休みや春休みなど時間があるときを見つけて、顔を出したい」と話していた。

 西邑さんは「大学受験、高専での学業と、それぞれの立場は違うが、自分の道を進んで欲しい。そして、剣舞という日本の伝統を継いで、広げて欲しい」とはなむけの言葉を贈っていた。

2020年8月25日

長浜レコードクラブが発足

北川さん、ソムリエ厳選の音楽を提供

 宮部町のレコード収集家・北川藤夫さん(63)は愛好家のための「長浜レコードクラブ」を発足。プレイベントとして9月5日、トーク&ライブを開くことになった。

 北川さんは中学の時、深夜ラジオでかかる曲に憧れ、歌謡曲やフォークソングのレコードを買うように。30歳になってジャズのレコードを本格的に収集するようになった。

 現在、所有しているのは米国のミュージシャン、チャーリー・パーカーやフォークの吉田拓郎、2人組アイドル・ピンクレディーらのLP6〜7000枚、シングル2500枚のほか、CD2500枚。オーディオ機器にも凝り、昔懐かしの蓄音機やレコードプレーヤー、名機と呼ばれたJBLやマランツのスピーカー、オープンリールデッキなども多数揃える。

 レコードソムリエの異名を持つ北川さんは10年ほど前から趣味を活用した新たなビジネスモデルを構想。レコードの独自の販売&買い取りシステムやアドバイス、コンサートやトークショーなどを手がける同クラブを誕生させた。本格的な活動は10月から。プレイベントでは北川さんが厳選したレコードの鑑賞やオーディオ機器の説明、再生機器の違いによる音の変化などを楽しんでもらう。

 北川さんは「CDは元の音をきれいに修正、加工しているが、レコードは原音のまま収録されている。ジャケットアートの美しさも魅力のひとつ。掛ける前、レコードを拭き取ったり、針を盤上に落とすなどの手間がかかるが、便利じゃないから、楽しい。手間がかかるほど趣味性が増す」と語っている。

2020年8月21日

藤田さん サイコロゲーム考案

距離保って楽しくストレス解消

 木之本町黒田の藤田長蔵さん(79)がソーシャルディスタンスを保ちながら楽しめるサイコロゲームを考案した。自らの名を冠した「フジタ天六ゲーム」と銘打って普及を目指している。

 ゲームは90㌢四方のステージの枠内をめがけて1㍍離れた場所からサイコロを計5回投げ、出た目の合計を競うもの。サイコロは4・5㌢角の2種類を同時に投げ、1つは一般的なサイコロと同じく1〜6の目、もう1つのオリジナルのサイコロは7〜10の目と「フジタ天六ゲーム」と記されたコマーシャル面が2つある。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の中、ストレスを解消できるようなゲームを開発しようと考案した。孫に遊んでもらったり、老人会に持ち込んだりしたところ好評だったことから、より多くの人に楽しんでもらおうと、知人の大工に頼んでサイコロを量産し、ルールを紹介したチラシを作成した。

 藤田さんは「サイコロには香りが良いヒバを使いました。木の香りに癒されながら、子どもから大人までストレスをためずにゲームを楽しんでもらえれば」と話している。オリジナルサイコロは1セット(2個入り)で1680円(税込み)。問い合わせは藤田さん℡090(2046)5356へ。

2020年8月19日

戦争の姿 子々孫々に

元特攻隊員の若林さん訴える

 旧日本軍の元特攻隊員・若林良太郎さん(95)=石田町=が18日、長浜市役所で藤井勇治市長と対談し、「戦争の姿を正しく子々孫々伝えなければならない」と訴えた。

 若林さんは長浜商業学校(長浜北星)を卒業後、学徒動員で川崎市の軍需工場へ。後に徴兵され、3カ月の入隊訓練の後、東京の立川飛行場の航空隊へ配属された。特攻隊員として訓練に励み、沖縄に散った隊長に続いて特攻する予定だったが、出撃命令がないまま終戦を迎えた。

 若林さんは入隊訓練で上官に殴られて奥歯が折れるなど理不尽な暴力が横行した当時のようすについて説明し、「訓練はとにかくお国のため、天皇陛下のためだった」と振り返った。また、軍需工場で一緒に働いていた英国人捕虜が監視官に鞭で打たれていたことを振り返り「それはそれは可哀そうだった」と語った。

 特攻隊員に選ばれた際の心境について「精鋭の特攻隊員に選ばれた以上は必ず死ぬ。それが帝国陸軍の特攻隊員に選ばれたプライドだった。そういう風に洗脳された」と語った。だが、戦況悪化で燃料や食料が不足し敗戦が濃厚になる中、「なんで死ななあかんのか」とも葛藤し、玉音放送に「やれやれと思いました」と語った。

 「軍事教練ばかりで勉強もできず、自由もなく、暗黒の青春だった」と語る若林さん。「戦争は絶対にしたらあかん」と繰り返し訴えた。

 藤井市長は「英霊が祀られている靖国神社に天皇陛下や内閣総理大臣が終戦記念日に行けない。これをどう思いますか」と尋ねると、若林さんは「参拝するのは日本人として当然」としたうえで、特攻隊を作り出したA級戦犯も合祀されていることを疑問視し「分祀すべきと思う」と語った。

 藤井市長は「民主主義の時代に育った若い人に語り続けて欲しい」と話しかけていた。

2020年8月6日

木之本町 安念寺いも観音さんを後世へ

御堂の補修資金をクラファンで公募

 戦乱の時代、先祖によって戦禍から守られた安念寺(木之本町黒田)の「いも観音さん」。老朽化した御堂を直したい、と住民有志がインターネットのクラウドファンディング(クラファン)を活用し、13日から修復資金を募ることになった。

 言い伝えによると、ホトケ様を安置する天台宗の安念寺は神亀3年(726)開基。大化の改新で知られる藤原鎌足に縁がある人物が興したとされ、藤原一族はこの地にとどまり、藤田姓を名乗り、約1300年間、この寺を守ってきた。

 平安時代、栄えていたが、信長の比叡山の焼き討ち(1571)と賤ヶ岳合戦の放火(1583)により、2度、焼失したが、村人たちが御堂から木造菩薩形立像(高さ約150㌢)を救出。境内に池などが無かったため、田畑に埋めて隠し、守り抜いた、とされる。

 戦禍を乗り越えたホトケ様は手足を失い、顔も判別できないほどの姿となったが、村人達は土中に埋められていたホトケ様を掘り出し、近くの余呉川で泥土を洗い清め、仮堂に安置。イモ洗いのように洗い清めたことから村人は「いも観音」と呼ぶようになり、疱瘡、皮膚病を治す「身代わり観音」として信仰している。

 観音堂は昭和8年に総ケヤキ造り、約8畳で再建されたもので、風化が進み、階段や床はカビだらけ。傷みがひどくなっているが、未指定文化財のため、補助金の対象外。修理費(約150万円)は10戸の村人がすべて負担することになる。「安念寺いも観音保存会」では観音ガールの對馬佳菜子さんをコーディネーターに、サイト「CAMPFIRE」のクラファンで資金を募ることにした。

 代表の藤田道明さんは「若者が減っており、これまでのように我々で守り続けていくのは難しい。後世につなぐためにも皆さんの支援をお願いしたい」と協力を求めている。

 募集期間は13日から10月31日まで。3000円〜5万円のコースがあり、目標額は200万円。返礼品はパンフレット、カードやお守り、黒田産プレミア米など。問い合わせは同保存会・藤田長蔵さん℡090(2046)5356へ。