2022年8月4日

「ホラー」で魅せる街の魅力

6日 木之本でLINK UPフェスタ

 長浜青年会議所などが「湖北対流都市構想推進事業」と銘打って6日、木之本町木之本の江北図書館駐車場で「LINK  UP  FESTA2022〜みんなでつくろう湖北のドキドキ!」を開く。ダンス、音楽発表、写真展のほか、趣のある木之本の街並みを「ホラー」で魅せるイベントなどがある。

 青年会議所などで組織する実行委員会(委員長=押谷優助・青年会議所理事長)の主催で、若者らの力で地域に新たなにぎわいを生み出そうとイベントを企画した。将来のまちづくりを担う地元高校生らにも運営に参加してもらう。

 午後1時に開幕し、ステージイベントでは、地元出身の世界的ダンサー・久保群青さん、余呉を拠点に活動するジャズシンガー・木原鮎子さん、守山市出身でつるやパン大使のシンガーソングライター・佐合井マリ子さんのほか、長浜農高軽音楽部や伊吹高書道部・筝曲部などが出演する。

 一帯では探検クイズラリーや木之本今昔写真展(図書館2階)、飲食など約30店が並ぶマルシェ、チョークアート作家・YUKIさんによるライブペイントなどもある。

 また、午後6時からは木之本塾や木之本交遊館、明楽寺など5カ所を使ったイベント「木之本ホラーナイト」を開催。木之本の趣のある街並みの魅力を、ホラーという新たな切り口で表現する。

 LINK  UP  FESTAは9月17日に米原市内でも開催する。

2022年8月3日

長浜の14人が近畿大会へ

中体連 壮行会で「悔いなく」と決意

 県中学校夏季総合体育大会がこのほど行われ、長浜市内からは1団体、12個人が上位入賞を果たし、5日から奈良県内で開かれる近畿大会に出場する。

 長浜西中では北村澪音さん(2年)が陸上男子共通4種競技で準優勝した。川島海結さん(3年)は水泳女子背泳ぎの100㍍と200㍍で優勝し、上屋圭祐さん(2年)も水泳男子400㍍自由形で3位となった。川上大知さん(1年)は相撲で3位。

 長浜北中では羽渕真広さん(3年)が水泳男子100㍍自由形、竹原隆之佑さん(3年)が100㍍バタフライでそれぞれ3位に輝いた。

 長浜南中では大橋琉生さん(3年)が水泳男子200㍍自由形で3位となった。

 浅井中は女子柔道部が団体戦で準優勝。出場選手は岡みさとさん(3年)、吉村紅葉さん(3年)、南橋心晴さん(2年)の3人で、吉村さんは個人戦でも48㌔級で優勝した。

 湖北中は宮部夢来さん(3年)が剣道女子個人戦で4位入賞した。

 高月中は北川日彩さん(3年)が柔道女子70㌔級で優勝した。

 西浅井中は道満昊典さん(1年)が陸上男子1年100㍍で優勝した。

 余呉小中は平野杏奈さん(9年)が水泳女子100㍍自由形で3位となった。

◇     ◇

 3日、長浜市役所で近畿大会出場を激励する壮行会が行われ、浅見宣義市長が「近畿大会では誰もが持っている弱さや不安を吹き飛ばすような強い気持ちで臨み、自分の力を出し切ってほしい」と激励。織田恭淳教育長も「今は成長の真っただ中。自分に限界はない。今までの自分、昨日の自分をどれだけ超えられるか、挑戦してほしい」と語った。

 出場選手を代表して岡さんが「これまで厳しく苦しい練習や、コロナ禍で制限された中での練習を乗り越え、近畿大会出場を決めた。応援してくれる皆さんの期待に応えられるよう、悔いのないよう精一杯頑張りたい」と決意を語っていた。

2022年8月2日

彫刻家・吉居さんの初の個展

43年の歩み伝える36点 長浜文芸会館

 彫刻家で日展会員の吉居寛子さん(62)=新栄町=が長浜文芸会館で作品展を開いている。昨年、高校教諭を定年退職したのを機に、大学生以来43年間の創作の「歩み」を振り返る個展を初めて企画した。

 高校で美術部に入っていた吉居さんは滋賀大生時代に先輩に誘われて彫刻のアトリエを訪れたのを機に「平面ではなく立体、風景ではなく人物を表現したくなった」と、彫刻に打ち込んできた。

 学生時代に日本彫刻会展覧会(日彫展)で入選したのを皮切りに、高校美術教諭のかたわら、日展や日彫展で入賞を重ね、現在は両展の審査員を務めている。作品は市立長浜病院、長浜赤十字病院に寄贈されている。新しい長浜北高の校章も作成した。昨年、長浜北高を最後に定年退職し、現在は同校の美術講師を務めている。

 作品は粘土で作った原型に石膏を塗り重ねて乾かして雌型を作り、そこに樹脂などを塗り込んで硬化させ、石膏を取り外す。最後はやすりなどで継ぎ目を滑らかにして完成となる。石膏の雌型はパーツごとに作るため、等身像になるとパーツは20を超えるという。

 個展では石膏や樹脂などで作った等身像や胸像、頭像5点、レリーフなど36点を展示している。

 大学生時代に制作した樹脂の等身像や、薄布をまとった裸婦の美しさを石膏の白さを生かして表現した「wish」シリーズ、東日本大震災の被災者への鎮魂の思いを込めた「レクイエム」、今年初めてチャレンジしたテラコッタ(素焼き)など、吉居さんの43年の歩みが伝わってくる作品が並んでいる。内保町に設置されている戦没者慰霊碑「まなざし—母子像」(2007年制作)の原型も展示している。

 個展では彫刻の魅力を知ってもらおうと、一部の作品を除いて、手で触れることができる。来場者に肌ざわりや質感を直接、体験してもらいたい考えだ。また、3日、5日の午前11時からは粘土で頭像を作るようすを実演し、見学を歓迎している。

 吉居さんは「長浜にいると、美術館で彫刻を見る機会は少ない。立体の人物像の雰囲気を味わってもらいたい」と話している。

 午前10時から午後5時、7日まで(最終日は午後3時まで)。