2024年7月16日

滋賀、福井県警が賤ヶ岳SAで合同啓発

夏の交通安全県民運動 運転はセンスより集中力!

 滋賀、福井両県警の高速道路交通警察隊が「海の日」の15日、北陸自動車道賤ヶ岳サービスエリア(SA)=余呉町坂口=で合同啓発に取り組み、「運転はセンスより集中力」と、長時間運転による集中力低下を防ぐためこまめな休憩を呼びかけた。

 夏の交通安全県民運動(滋賀県15〜24日、福井県11〜20日)に伴う啓発で、夏のレジャーシーズンは滋賀県内の高速道路を通過して福井県方面へ向かうレジャー客が多いことから、両県警が県境を越えてタッグを組み、高速道路での安全運転を呼びかけた。

 NEXCO中日本なども参加して総勢約40人がSA利用者に啓発グッズを手渡して安全運転を呼びかけ、マスコットキャラクターの「けいたくん」(滋賀県警)、恐竜をモチーフにした「リュウピー」(福井県警)、「みちまるくん」(NEXCO中日本)も家族連れに手を振るなどして啓発に協力した。

 滋賀県警は「運転はセンスより集中力」「扇子を使ってクールダウン」「冷静な運転を」とのメッセージを入れた扇子を啓発グッズとして配布。滋賀県警高速道路交通警察隊の鹿田賢治警部補は「高速道路では疲れから来る集中力の低下で事故が起きやすい。特に夏場は車の通行量が増えて渋滞が発生しやすく、追突事故が起きやすい。集中力が低下する前に、こまめな休憩で事故防止に努めてほしい」と話していた。

2024年7月11日

大道芸で湖北を盛り上げたい

夫婦パフォーマー「あおき三朝+うたこ」

 夫婦で大道芸や曲芸などのパフォーマンスを披露している「あおき三朝(さんちょう)+うたこ」。5年前に湖北町山本に移住し、地域に笑いと感動を届けている。

 「あおき」は名字ではなく2人の好きな色の「青」と「黄」を意味し、「三朝」は大学時代の落研での亭号、「うたこ」はアルバイト時代のニックネーム。

 2人は2001年から名古屋市を拠点に活動を開始。大須演芸場にレギュラー出演し、難関とされる東京都の大道芸人公認制度「ヘブンアーティスト」のライセンスも取得した。

 2019年、「琵琶湖の近くに住んでみたい」と長浜市に移住したものの、その直後から新型コロナが流行。活動の場を失い、途方に暮れることもあった。

 2人はコロナ禍の中でも技を磨き、満を持して今年から本格的に活動を再開した。湖北地域で芸を披露できる場を求め、各地のイベントに積極的に出演。難しい技や夫婦コンビならではのパフォーマンスを披露している。

 レパートリーは一風変わった組体操やアクロヨガ、曲芸をしながらのバルーンアートをはじめ、クラブ(こん棒)や中国コマを使った妙技、古典的な傘回しや皿回しなど幅広い。

 最も人気があるパフォーマンスは「ファイヤーショー」。火のついたトーチを使ったコンビジャグリングと火吹きは迫力があり、観客の目をくぎ付けにしている。このほか、客層に合わせたパフォーマンス体験教室など楽しいメニューも揃えている。

 地域の人にパフォーマンスを知ってもらおうと、現在、平日の湖北地域での出演に限り、出演料を破格の9割引にするキャンペーンを実施している。三朝さんは「呼んでもらったら、必ず盛り上げる自信はある。パフォーマンスで湖北、長浜を盛り上げたい。いっぱい機会をもらえたら」と呼びかけている。

 問い合わせは三朝さん℡090(8339)8189へ。

2024年7月10日

長浜曳山まつりフォトコンテスト 入賞者決まる

金賞は小八木さんの「桜吹雪」

 今春の長浜曳山まつりをテーマにしたフォトコンテストの入賞者が決まった。

 実行委員会(漣泰寿会長)がインターネット上に設けた「長浜曳山まつりフォトサイト」で写真とコメントを募り339点の投稿があった。審査で金賞1点、銀賞4点、特別賞7点、銅賞5点を選んだ。

 最優秀の金賞には西主計町の小八木淳司さんの「桜吹雪」が選ばれた。本日(ほんび)を翌日に控えた4月14日、大通寺の山門前で行われた諫皷山の「自町狂言」の最後に、まだ咲き残っていた桜を背景に紙吹雪と三番叟役者の眼差しが重なったシーンをとらえた作品で、小八木さんは「曳山の前に集まる多くの人や、法被を着た町衆の方々を見て、活気と伝統が息づくのを感じながら、楽しく鑑賞し撮影させていただきました」とコメントを寄せている。

 特別賞の滋賀夕刊新聞社賞には彦根市日夏町の平尚治さんの「心乱れて」が選ばれた。月宮殿の演目「苅萱桑門筑紫いえづと 加藤館守宮酒の場 玉取」の一場面で、媚薬入りの酒を飲まされた巫女の夕秀が一目ぼれした美男の女之助に体を寄せるシーンを写し、「夕秀の心乱れる心情がよく表現されていた」と投稿した。

 入賞作品は11日から長浜曳山まつりフォトサイトで紹介する。このほか、入賞者は次の皆さん。

 ▽銀賞・市長賞=佐橋功(竜王町)▽同・曳山文化協会理事長賞=浦城一男(名古屋市)▽同・長浜観光協会長賞=片部豊(大阪府枚方市)▽同・長浜商工会議所会頭賞=数藤守治(同池田市)▽特別賞=森篤志(米原市米原)、高貝心之祐(元浜)、掛川与志人(小堀)、遠藤秀隆(尊野)、土田里恵子(元浜)、寺澤智恵(名古屋市)▽銅賞=高貝祐司(元浜)、箕田恵美子(野洲市)、中立喜広(京都府亀岡市)、古川博(南高田)、松本和子(大阪市)。

 

 

金賞 小八木淳司さんの「桜吹雪」

 

銀賞・市長賞 佐橋功さんの「悔しいぃ〜〜〜!」

 

銀賞・曳山文化協会理事長賞 浦城一男さんの「夜光の明珠」

 

銀賞・長浜観光協会長賞 片部豊さんの「御旅所前でひとやすみ」

 

銀賞・長浜商工会議所会頭賞 数藤守治さんの「妖艶」

 

滋賀夕刊新聞社賞 平尚治さんの「心乱れて」

2024年7月9日

ノベルジェン社 微細藻類でカキ短期肥育へ

農水省助成12億円受け、市内に研究施設設置

 長浜バイオ大学発のスタートアップ企業「ノベルジェン」(田村町)が微細藻類の培養技術を活用してカキを短期間で肥育し、海外向けに販路拡大する実証事業に取り組んでいる。農林水産省が助成金12億4700万円(限度額=2028年3月まで)の交付を決めて事業を後押ししており、事業が順調に進めば長浜発の技術で育ったカキが海外の食卓に並ぶ日も近そうだ。

 同社は同大学アニマルバイオサイエンス学科の小倉淳教授が社長を務める。小倉教授は微細藻類の持つ特性などについて長年研究を重ねている。微細藻類は光合成で大気中の二酸化炭素を吸収する▽水中の窒素、リン、カリウム、ミネラルを吸収し水を浄化する▽分泌する粘質物や糸状群体構造でマイクロプラスチックを吸着する—といった効果があり、小倉教授は赤潮の発生メカニズムに着想を得て微細藻類を人工的に急速に繁殖させる「ALGAL  BLOOM  CAPTURE(ABC)技術」を開発している。

 今回、農水省の事業採択を受けた研究開発テーマは「日本産冷凍生食用カキの品質向上と輸出量増大を目的とした、カキの短期肥育システムと流通DXプラットフォームの開発と実証」で、ABC技術をカキの肥育に応用する。

 国内のカキ養殖場では近海の清浄化などに伴ってカキの身が小ぶりになっていることが課題。このため同社がABC技術を用いてカキの餌料に特化した微細藻類を培養し、広島県産などの出荷前のカキに与えて短期間で肥育させる。

 現在は長浜バイオインキュベーションセンター(田村町)内の研究水槽で実験しているが、これからの実証事業では長浜市内に施設を設置して微細藻類の培養、カキの肥育を行い、社会実装を研究する。

 また、東南アジアやヨーロッパ、北米などの海外で日本産生カキの人気が高いことから生産から流通までをDX技術でコントロールする仕組みを作り上げ、海外の需要に対して供給が即座に応じられるようにし、輸出増加を目指す。

 小倉教授は将来的には琵琶湖の水を利用した肥育にも取り組みたい考えで、実現すれば琵琶湖の水の浄化にも寄与することとなる。

 なお、同社のABC技術は微細藻類の増殖に活用できるだけでなく、二酸化炭素の吸収・固定、水質浄化、マイクロプラスチック除去にも適用できるなど多くの可能性を秘めており、関西万博への出展も決まっている。

2024年7月2日

「豊臣兄弟!」で博覧会実行委設立

38団体が結集、官民挙げて観光振興へ

 秀吉の天下統一を弟の秀長の目線で描く2026年のNHK大河ドラマ「豊臣兄弟!」の放送に向け、長浜市内の観光振興団体やまちづくり組織の代表らが1日、「(仮称)豊臣兄弟博覧会実行委員会」を設立した。

 市、商工会議所、商工会、観光協会、商店街連盟、黒壁、曳山文化協会、出世まつり実行委員会など38団体で構成し、設立総会で会長に浅見宣義市長、副会長に商議所の大塚敬一郎会頭、商工会の押谷小助会長、観光協会の前川和彦会長の3人を選任した。

 実行委員会は博覧会などのイベントを通じて市の魅力を全国に発信するとともに、地域内外からの誘客を図り観光振興による地域活性化を目指す。

 長浜城、賤ケ岳、小谷城、姉川合戦などのゆかりの地や、豊臣兄弟、浅井三姉妹、石田兄弟など「きょうだい」をテーマに市の魅力を発信する事業に取り組み、関連自治体と連携して誘客宣伝活動を行う。また、市全体を長浜城下町、小谷城下町、賤ケ岳合戦などにエリア分けし、それぞれの地域が持つ歴史的特性を生かした受け入れ体制の整備を検討する。

 今年度は428万円を予算化し、講演会やトークショーの開催、機運醸成のためののぼり旗、PR看板、横断幕の設置などに取り組む。

 実行委員会の下で各種事業の企画立案・実施を担う運営委員会も立ち上げ、運営委員長に前川会長、副委員長に黒壁の田中猛士社長、長浜観光協会の中村浩敏理事が就任した。

 設立総会で会長の浅見市長は「テーマは兄弟であり、きずな。地域のきずなを深め、豊臣兄弟を契機として長浜の発展に生かしたい。官民挙げて尽力したい」と語り、副会長の前川氏は「若い方がいきいきと活躍できる実行委員会にしていきたい」と話した。