お家時間をビールで笑顔に

長浜浪漫ビール クラウドファンディング

 長浜浪漫ビール(朝日町)はレストランの一時休業などで醸造タンクに眠っている作りたてのビールを、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため自宅で過ごす人に届けようと今月1日からクラウドファンディング(CF)を活用したプロジェクトに取り組んでいる。

 長浜浪漫ビールでは新型コロナの影響で4月上旬からレストランを休業。現在は再開しているものの客足は鈍く、自慢の手作りビールの多くが消費されることなく醸造タンクに眠ったままになっているという。

 このため、外出を控えて自宅で過ごす人に本格的なビールを届けようと、CFを活用して、ビールやオリジナルグッズを届けるプロジェクトを計画した。

 寄付額に応じて数々のリターンを準備しており、例えば5000円コースはビール(750㍉㍑)2本とオリジナルラージグラス1個、1万円コースはビール(330㍉㍑)20本とオリジナルラージグラス1個。また、50万円コースでは、長浜浪漫ビール内にある「長浜蒸溜所」のウィスキーを樽単位で購入できる「カスクオーナー制度」を返礼品としている。同制度ではオーナーが樽を選び、蒸溜したての原酒「ニューメイク」を詰め、同蒸溜所で熟成。数年後に熟成の状況を確認し、自身でボトリングのタイミングを決めるもの。

 同社では「こだわりの長浜ビールでおうち時間を笑顔で過ごしてほしい」と呼びかけている。詳細はCFサイト「キャンプファイヤー」で。