2019年7月8日

餅の井と世々開長者

中野町の古民家で歴史企画展

 NPO法人「自然と歴史ロマンの会」(丸山竜平理事長)は、中野町の古民家「世々開の館」で、伝説の用水路「餅の井」にスポットを当てた企画展を開いている。

 中野の農民たちは昔、夏場の水不足に悩まされていた。約10㌔上流の高時川から水を引くことを考え、この思いを地元の豪族・世々開長者が浅井久政らに伝えた。

 高時川には木之本町古橋の井明神橋を挟み500㍍の間に6つの井堰があった。水不足を解消するには最上流に堰を設けることが不可欠と考えた長者は約半世紀前、この地を支配していた井口に許可を求めた。長者は井口から課された餅など牛千頭分の荷物の献上など、無理難題をクリアし、最上流に井堰を造ることが許可され、「餅の井」と名付けられたという。

 工事に際しては村と村の間で調停が行われ、困難な掘削に対して多大な労力や資金が注がれた。その介あり、用水は確保できるようになったが、干ばつになると、かんがい時の決まりとして堰の一部を切る「井落とし」が行われた。

 企画展では「世々開長者」や「餅の井」の歴史にふれながら、取水口「頭首工」(木之本町古橋)から中野までの流路の写真、解説パネルなど約100点を展示。先人の偉業を顕彰している。

 会場は専宗寺向い。午前9時から午後4時、14日まで。無料。問い合わせは横田さん☎090(9095)1914。

2019年7月6日

賤ヶ岳リフト、新装オープン

地元待望、若者・女性もターゲットに

 賤ヶ岳リフトが6日、リニューアルオープン。この日、木之本町大音のリフト乗り場で開場式が開かれた。

 リフトは午前9時から午後5時(11月は4時)、12月1日まで運行。料金は従来と同じく中学生以上片道450円(往復900円)、小学生250円(500円)。

 リニューアル特典として今シーズン、利用者には「賤ヶ岳の絶景」「羽柴秀吉の家紋」が描かれた2種類のオリジナルうちわ、いずれかをプレゼントする。問い合わせは賤ヶ岳リフト☎(82)3009へ。

早期再開望む声、奥伊吹観光名乗り

 リフトは昨年3月23日、大雨で中腹の大量の土砂が崩落し、運行が不可能に。また、利用者はピーク時の2011年、約3万7000人余りいたが、17年は採算ベース(2万人)を割り、1万7000人まで落ち込んでいた。

 復旧工事もされず、昨シーズンを棒に振り、今シーズンに入っても再開のメドが立たないまま。地元や観光関係者からは早期再開を望む声が出ていた。

 運営していた近江鉄道は地元と再開に向けて、協議を進め、その中で譲渡を模索。新たな先として米原市甲津原の奥伊吹観光(草野丈太社長)が名乗りを上げた。

 奥伊吹観光は奥伊吹スキー場やグランピング施設「グランエレメント」の運営しており、現場で培ったノウハウを活用して、賤ヶ岳リフトを運営することに。崩落現場の復旧工事や眺望を確保するための雑木伐採などは同社のグループ企業「草野組」が担当した。

「地域の活性化に貢献したい」

 賤ヶ岳リフトの利用者の週末の利用者は約4割がシニア層。平日になるとさらにその傾向が強まり、9割を占める。

 奥伊吹観光は利用客の増大を図るため、女性や若者をターゲットにしたPR作戦を展開。看板を一新し、ホームページやSNSで情報発信。山頂テラスの開発やアスレチック施設の整備なども検討している。

 この日の開場式で、草野社長は「一旦、賑わいが途絶えたリフトの再開は難しいと思ったが、山頂に登り自分の目で確かめて『きれいなビューを何とかしたい』という衝動にかられた。地域の人に気軽に来てもらえるようにし、ミレニアム世代のコンテンツ作りをしたい。安全最優先に運行し、地域の活性化に貢献したい」と抱負を述べた。