北ビワコホテルグラツィエ、ハートのピザで晴れの日を応援

コロナに負けない!宅配部門を強化

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食の自粛ムードが深まる中、北ビワコホテルグラツィエは家庭でも本格的なホテルの料理を楽しんでもらおうと、デリバリーサービスを強化。春休み期間中(3月20日〜4月7日)には、入学や卒業のお祝いとして、ハート型のデザートピザのプレゼントも計画している。

 同ホテルも会合などの自粛のあおりを受けて、宴会が軒並みキャンセルとなるなど苦境に立たされている。このため、デリバリー部門「ベントット」を強化し、ホテル料理人手作りの和洋中の弁当15種類やオードブルの宅配を行っている。

 また、従来の朝食バイキングを、シェフが料理を取り分ける「カフェテリア・スタイル」に改めて、宿泊客以外にも開放。自粛ムードに疲れた市民から好評だという。

 デリバリーの強化に合わせて考案したサービスがハート型のピザのプレゼント。イタリアから輸入したピザ窯で生地を焼き上げ、チーズやイチゴなどをトッピングする。弁当やオードブルをホテルで受け取る客のうち、「お祝い」がある客にプレゼントする。例年、春休み期間中にはホテルで卒業や入学などの祝宴が開かれていることから、家庭でのお祝いにハート型のピザで花を添えたい考え。

 同ホテルでは「暗い話題が多い中ですが、地元に根ざすグラツィエとして、晴れの日を全力で応援します。みんなで一緒に乗り越えましょう」と話している。

 デリバリーは1種類4個以上から受け付けている。詳細は左記QRコードか、同ホテル℡(62)7777へ。