久々の室内遊び 親子満喫、子育て支援センター再開

母親「リフレッシュになる」と歓迎

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、臨時休館していた地福寺町の地域子育て支援センター「サンサンランド」が26日、運営を再開。この日は朝から再開を待ちわびた親子がセンターを訪れ、遊具で遊んだりしていた。

 市内には地域子育て支援センターが8施設あり、親子の遊び、交流、子育て相談の場となっている。大津市で新型コロナ感染者が確認された今月5日午後に急きょ臨時休館していたが、小中学校の臨時休校措置が24日で終了したことに足並みを揃えて順次、再開した。

 幼児2人を連れてサンサンランドを訪れた市内の母親(33)は「毎日、いろんなセンターを訪れ、友達と会ったり、先生(職員)と話したりして気分転換していたので、早く休館期間が終わって欲しいと思っていた。再開して良かったです。リフレッシュになります」と歓迎。ただ、イベント自粛要請を受けてセンターが実施している催しが中止になっていることに「イベントが無いのは寂しいですね」と話している。別の母親(30)は「室内で遊べる施設がどこも閉まっていたので、再開は嬉しい。普段より人数が少ないけど、程よい感じだと思う」と話していた。

 サンサンランドでは休業期間中に館内の消毒を済ませた。再開後は利用者に玄関での手指の消毒、カウンターでの検温を呼びかけ、名簿に名前や電話番号、利用時間などを記入してもらうことで万一に備えている。

 金森千津子センター長は「利用者は普段の3分の1くらいだが、休館中はたくさんの問い合わせがあり、開館を待ちわびているのが分かった。1時間ごとに換気して空気を入れ替え、お昼の時間には床を消毒して、安心してセンターを利用してもらえるようにしたい」と話している。

 なお、運営を再開しているのはサンサンランドのほか、こどもらんど、のびのびらんど、あいあいらんど、子育て広場スキップ。