西浅井にバーガーショップオープン!

若者らが鹿肉・お米でまちおこし

 西浅井町の若者6人でつくる地域活性化グループ「ONESLASH」(清水広行代表)は22日、「道の駅あぢかまの里」内にバーガーショップ「COMEDY BURGER(コメディー・バーガー)」をオープン。メンバーたちは「鹿肉や米など、地元の食材で長浜を盛り上げたい」と意気込んでいる。

 グループは近年、増え続けている獣害を逆手にとり、ジビエ料理が楽しめるイベント「西浅井ジビエ村」でまちおこしを展開。空きスペースになっていた道の駅内の販売ブースを借り、イベントで好評だったハンバーガーを販売することに。

 


 

 近江牛バーガー(800円)は近江牛100%、鹿肉バーガー(700円)は湖北で獲れた新鮮なシカ肉を使用したパテ。焼肉だれ風のオリジナルソースを絡ませ、シャキシャキレタスとともに、つるやパンが開発した専用バンズに挟んだ。

 これらの肉とメンバーが地元で育てたコシヒカリを使った近江牛ライスバーガー(700円)、鹿肉ライスバーガー(600円)も開発。お口直しのスイーツとして、季節の果物入りの自家製ジェラート(400円)も販売する予定。営業時間は午前9時から午後4時(3月以降は5時)、火曜定休。