混声市民合唱団、練習始まる

来年3月にコンサート、団員を募集中!

 長浜文化スポーツ振興事業団主催の声楽コンサート「春を歌う!混声合唱のたのしみ」(来年3月22日、市民交流センター)に向け、コンサートに出演する市民合唱団が12日結成され、練習をスタートした。

 事業団では市民に合唱の楽しさを伝えようと毎年が合唱団を公募し、コンサートを開いている。旧市民会館や現在の長浜文芸会館に代わる新しいホールが誕生した際には、市民合唱団によるベートーベン交響曲第9番の公演を実現したい考えで、声楽コンサートはその土壌づくりの一環。

 公募で40代から80代の男女40人が集まった。結団式では団員それぞれが自己紹介し、「合唱はまったくの初めて。歌を楽しんで元気をもらいたい」「ハーモニーが出来上がるのを経験したく応募した」「皆さんと共に楽しいステージにできれば」と思いを語った。

 団員はさっそく指揮者・北村常男さんの指導で「故郷」など発表曲の練習を始め、声を合わせていた。

 なお、コンサートでは「早春賦」「花」「朧月夜」「旅立ちの日に」「夕焼け」「世界に一つだけの花」など計11曲を披露。練習は月2回。随時、団員を募集している。問い合わせは事業団℡0749(65)3366へ。