最前線で市民の命守る医療従事者を激励

NPO法人がメッセージ入りせんべいプレゼント

 新型コロナウイルスの感染拡大防止や治療のため最前線で活動する医療従事者を励まそうと、NPO法人「つどい」(川村美津子理事長、常喜町)が27日、市立長浜病院と長浜赤十字病院に応援メッセージ入りのせんべいをプレゼントした。

 せんべいは同NPO法人が運営する障害者作業所の利用者が手作りしたもので、ハートや丸の形のせんべいに、「ありがとう」「感謝」などのメッセージを、砂糖とゼラチンから作る「デコペン」で書き込んでいる。

 両病院にそれぞれ100枚を届けた。長浜病院では川村理事長や作業所の利用者らが、神田雄史院長らに「ありがとう」「頑張って下さい」と、せんべいを手渡した。神田院長は「今、コロナのことで大変で、みんな気を張って焦って動き回っている。職員に渡して、少しでも気が休まれば。皆さんの気持ちを伝え、美味しく食べたい」と話していた。