今年は141人、「長浜市功績者表彰」

河路さんら「この道ひとすじ」表彰

 長浜市は23日、自治行政の振興、公益の増進に寄与した個人や団体を功績者として称える「長浜市功績者表彰」の受賞者を発表した。

 「文化の日」(11月3日)に合わせて、市が毎年、表彰しており、今年は141人を選んだ。

 伝統を守って一つの仕事に打ち込む職人に贈る「この道ひとすじ」表彰には「藤本屋」(元浜町)の河路芳昭さん(59)、「茶真商店」(元浜町)の廣瀬眞啓さん(70)、「ヤブゲン」(三川町)の薮内源之丞さん(66)の3人を選んだ。

 河路さんは今年で創業120年を迎える藤本屋の4代目で、日々、和菓子作りに精進している。廣瀬さんは創業150年の茶真商店の4代目で、「ホワイト餃子」を40年かけて店の看板商品に育てた。薮内さんは燻製技術を独学で習得し、天然サーモンを使用したスモークサーモンを製造。5年ほど前からはビワマスの燻製にも本格的に取り組んでいる。

 3人のほか、自治功績94人、社会功績40人、教育文化功績5人、感謝状2人。

 表彰式は11月2日、市役所6階議場で行われる。