三成マンホール、決定!

びわ湖・近江路観光圏活性化協議会

 戦国武将、石田三成ゆかりの長浜、米原、彦根市でつくる「びわ湖・近江路観光圏活性化協議会」が募集していた「三成マンホール」のデザインが決定した(写真)。

 同協議会では6月10日から7月8日まで、PRの一環としてマンホールふたのデザインを一般公募。23作の応募があり、巻物の上に三成の旗印や城などがデザインされた大阪市の米山佳世さんの作品を選んだ。

 協議会では三成ゆかりの地、米原市の大原観音寺前や成菩提院前、長浜市石田町や大通寺、木之本町古橋、彦根市のJR彦根駅東口歩道や佐和山城跡にマンホールを設置。

 11月3日から来年2月2日まで、ゆかりの地を巡るスタンプラリーを実施する。大原観音寺や成菩提院、石田会館や湖北観光情報センター四居家、彦根観光案内所などに置いてあるスタンプを4つ以上集めると参加賞をプレゼント。全スタンプ制覇でミニマンホールや三成めしが当たるコンプリート賞に応募できる。

 このほか、ツーリズムEXPO(大阪)、石田三成祭(石田会館)、三成会議(成菩提院)などでマンホールを利用したキャンペーンを展開する。