グランパレー京岩、出前メニュー始める

厚焼き玉子サンドいかが?

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため外出自粛を余儀なくされている家庭などに、ブライダルシーンで活躍するシェフと、老舗日本料理店の料理人の味を届けようと、グランパレー京岩(八幡中山町)が特別メニューを開発し、宅配を始めた。

 宴会場などを持つグランパレー京岩も新型コロナの影響で、3月の宴会予約の8割がキャンセルとなるなど打撃を受けている。一方で、結婚式場「LINEA」(神照町)は出席者の一部キャンセルがあるものの中止はないのが救いという。

 和田洋典社長(43)は「外に出にくい人たちのために、特別な料理を提供して、コロナに負けるなと応援したい」と、出前用のメニュー開発に取り組んできた。

 出前メニューは定食、どんぶり、寿司など40種類を揃えた。企業向けに先行して届けたところ、牛カツレツ定食(1500円、税別)などが人気という。

 


 

 一般家庭向けの出前をスタートするにあたって、LINEAのシェフが手軽に食べられるサンドイッチやカレーのメニューを開発した。サンドイッチは牛カツレツ(1200円)とタマゴ(1000円)の2種類あり(いずれも1日10食限定)、タマゴは老舗日本料理店の技術を生かしたふわふわの厚焼き玉子を挟んでいるのが特徴。また、カレーは「キーマカレー」(1000円)と「五穀米彩野菜カレー」(同)がある。

 なお、出前メニューは5個以上の予約で配達する。幕の内弁当やオードブルの配達も行っている。問い合わせはグランパレー京岩℡(62)2233へ。