「生木のスプーンいかが? 」

佐々木文具店で展示と手作り体験

 米原市春照の佐々木文具店は9日からの毎週月、火曜、生木の手づくりスプーンの展示販売をする。

 同市甲津原で生木専門の木工所「スーパー生木ラボ」を営む鈴木孝平さん(30)は2年前、地域おこし協力隊として京都市から移住。地元の山に作業道をつけるなど、自伐型林業に取り組んでいた。

 道を切り開く上で不要となった広葉樹の有効活用や雪深く山に入れない冬の仕事として1年前から、欧米などで流行している「グリーンウッドワーク」をするようになった。

 グリーンウッドワークとは生木の加工。材料が柔らかいため、削りやすく電動工具などが不要で、小ぶりの斧やナイフがあれば女性でもでき、個性豊かなものづくりが楽しめる。

 材料は身近にある桜や柿、ユズやクルミ、ナラなど。丸太を割って、斧で荒削りし、専用のフックナイフなどで丸く削る。ペーパーで仕上げ、クルミオイルやエゴマ油などでコーティングする人もいるが、鈴木さんの場合は木の色味を大切にしており、これらの加工は施さない。

 鈴木さんは「脱サラで林業を始め、グリーンウッドワークも我流。いずれもゼロからのスタート。家の中で落ちついてできる作業。数をこなせば誰でもうまくなる」と話している。

 展示は9、10、16、17、18、23、24日の午前11時から午後4時。スプーン、器など約25点を並べる。ワークショップは18日午前10時から。効率的な削り方をアドバイスする。参加費4000円(昼食、材料、道具使用料込み)。問い合わせは佐々木文具店℡080(1506)1580へ。