2019年7月16日

今が見ごろ、田んぼアート

虎御前山「SL北びわこ号」、米原市高番「ホッケー」

 湖北地域2カ所の「田んぼアート」が見ごろを迎えている。

 虎御前山近くの水田では巨大な「田んぼアート」がくっきり浮かび上がってきた。

 虎姫地域づくり協議会は、約6800平方㍍の水田を巨大キャンバスに見立て、虎姫中学校の生徒や長浜バイオ大学の学生、一般ボランティアの協力で、5種の稲を使い分け、観光列車「SL北びわこ号」(約3800平方㍍)と厄よけのお札に登場する平安時代の僧「角大師」(約3000平方㍍)を描き、「SL北びわこ号」「角大師の里」「令和元年」の文字を入れた。

 アート作りは今年で7年目。同協議会は「今が一番、鮮やか。見ごろは7月下旬ごろまで続く」と話している。なお、田んぼアートは虎御前山、中腹の展望台から一望できる。

◇   ◇

 米原市高番の田んぼではホッケーを描いた「田宴アート」が見ごろとなっている。

 農事組合法人「エコファーム高番」(北川恵三組合長)は11年前から地域活性化の一環として、稲で巨大絵画を描く「田宴アート」を行っている。

 今年は2020年、東京オリンピック、パラリンピックに向け、米原市がホストタウン事業に取り組んでいることから、市ホッケースポーツ少年団、伊吹山中、伊吹高校ホッケー部の部員が田植えに協力。

 5種類の苗を使い分け、水田約30㌃に日本チームとニュージーランドのホッケー選手がプレーしている様子を表現。両国の国旗と「WELCOME」の文字を記した。

 北川組合長は「これからが見ごろ。まちおこしに繋がれば」と話している。

2019年7月12日

長農・北星・虎高、3校タッグで特産品開発

今秋のトマトソース発売に向け、始動

 長浜市内の3高校がタッグを組み、6次産業化施設でとれた作物を利用した特産品開発プロジェクトが始まった。プロデュースするオリジナルトマトソースは今秋の発売を目指している。

 プロジェクトは長浜農業高がトマトソースの製造、長浜北星高が商品のラベルやPRポスターの制作を、虎姫高の新聞部が新聞による情報発信を担うというもの。3校合同プロジェクトは初の試み。

 長浜市は小谷城スマートIC(小谷丁野町)の周辺を6次産業拠点と位置づけ、地元の湖国農産が約140平方㍍のビニールハウスでトマト400株を養液栽培している。特産品用には約150㌔を出荷する。

 長農では200CC入り瓶で150〜200本を作る予定。各校では10月20日のイベント会場での発売を目指し、活動を続ける。

 11日には栽培現場の見学会があり、長農の食品科農産物利用分野、北星の流通マネジメント系列の2、3年生計26人が農場長の脇坂良平さん(68)から、トマトを育てる上での苦労話などを聞き、JA北びわこの担当者からは「6次産業化施設内で栽培しているメロンの特産品化も考えてもらえれば」と提案を受けていた。長農2年の河添愛梨さんと細井美羽さんは「トマトのピンクっぽい色や強い酸味を生かして、ピザやパスタなどに合うソースになれば」と話し、北星3年の赤居虹星さんは「形がきれいなものばかり。イメージを大切にし、これからデザインを考えたい」と語っていた。

2019年7月11日

2組が近畿大会に出場

バドミントンクラブ「サンライズ」

 長浜市のバドミントンクラブ「サンライズ」に所属する広部大輝君(長浜北6年)・菖蒲池泰成君(同)ペアと山根脩人君(同)・永松大弥君(同5年)ぺアが近畿大会に出場することが決まった。広部・菖蒲池ペアは3年連続。

 4人は7日、185人が参加する全国小学生バドミントン選手権大会県予選(ダブルスの部)に出場。男子6年生以下の部で広部・菖蒲池ペアは優勝、山根・永松ペアは3位に入賞した。

 広部・菖蒲池ペアは4年の時からダブルスを組み、3位、準優勝、優勝と成績を順に上げて出場。「普段の練習をしっかり、一生懸命した成果。本番でも全力を出し切り、3位以内を目指したい」と意気込む。

 山根・永松ペアは近畿大会、初出場。パワーとコンビネーションが武器で「勝てるように練習を重ね、初戦突破を目指したい」と話している。

 2組は県代表として9月7日、兵庫県加古川市で開かれる近畿大会に出場。3位までが全国大会へと駒を進めることができる。

 サンライズは2013年、県強化部でも指導をしている広部和成さん(39)=三ツ矢元町=が立ち上げたクラブチーム。長浜北小体育館で小中高生約50人が週2回、練習をしており、生涯スポーツの普及拡大に貢献している。現在、クラブ員を募集中。

 問い合わせは広部さん℡080(1509)0095へ。

2019年7月8日

餅の井と世々開長者

中野町の古民家で歴史企画展

 NPO法人「自然と歴史ロマンの会」(丸山竜平理事長)は、中野町の古民家「世々開の館」で、伝説の用水路「餅の井」にスポットを当てた企画展を開いている。

 中野の農民たちは昔、夏場の水不足に悩まされていた。約10㌔上流の高時川から水を引くことを考え、この思いを地元の豪族・世々開長者が浅井久政らに伝えた。

 高時川には木之本町古橋の井明神橋を挟み500㍍の間に6つの井堰があった。水不足を解消するには最上流に堰を設けることが不可欠と考えた長者は約半世紀前、この地を支配していた井口に許可を求めた。長者は井口から課された餅など牛千頭分の荷物の献上など、無理難題をクリアし、最上流に井堰を造ることが許可され、「餅の井」と名付けられたという。

 工事に際しては村と村の間で調停が行われ、困難な掘削に対して多大な労力や資金が注がれた。その介あり、用水は確保できるようになったが、干ばつになると、かんがい時の決まりとして堰の一部を切る「井落とし」が行われた。

 企画展では「世々開長者」や「餅の井」の歴史にふれながら、取水口「頭首工」(木之本町古橋)から中野までの流路の写真、解説パネルなど約100点を展示。先人の偉業を顕彰している。

 会場は専宗寺向い。午前9時から午後4時、14日まで。無料。問い合わせは横田さん☎090(9095)1914。

2019年7月6日

賤ヶ岳リフト、新装オープン

地元待望、若者・女性もターゲットに

 賤ヶ岳リフトが6日、リニューアルオープン。この日、木之本町大音のリフト乗り場で開場式が開かれた。

 リフトは午前9時から午後5時(11月は4時)、12月1日まで運行。料金は従来と同じく中学生以上片道450円(往復900円)、小学生250円(500円)。

 リニューアル特典として今シーズン、利用者には「賤ヶ岳の絶景」「羽柴秀吉の家紋」が描かれた2種類のオリジナルうちわ、いずれかをプレゼントする。問い合わせは賤ヶ岳リフト☎(82)3009へ。

早期再開望む声、奥伊吹観光名乗り

 リフトは昨年3月23日、大雨で中腹の大量の土砂が崩落し、運行が不可能に。また、利用者はピーク時の2011年、約3万7000人余りいたが、17年は採算ベース(2万人)を割り、1万7000人まで落ち込んでいた。

 復旧工事もされず、昨シーズンを棒に振り、今シーズンに入っても再開のメドが立たないまま。地元や観光関係者からは早期再開を望む声が出ていた。

 運営していた近江鉄道は地元と再開に向けて、協議を進め、その中で譲渡を模索。新たな先として米原市甲津原の奥伊吹観光(草野丈太社長)が名乗りを上げた。

 奥伊吹観光は奥伊吹スキー場やグランピング施設「グランエレメント」の運営しており、現場で培ったノウハウを活用して、賤ヶ岳リフトを運営することに。崩落現場の復旧工事や眺望を確保するための雑木伐採などは同社のグループ企業「草野組」が担当した。

「地域の活性化に貢献したい」

 賤ヶ岳リフトの利用者の週末の利用者は約4割がシニア層。平日になるとさらにその傾向が強まり、9割を占める。

 奥伊吹観光は利用客の増大を図るため、女性や若者をターゲットにしたPR作戦を展開。看板を一新し、ホームページやSNSで情報発信。山頂テラスの開発やアスレチック施設の整備なども検討している。

 この日の開場式で、草野社長は「一旦、賑わいが途絶えたリフトの再開は難しいと思ったが、山頂に登り自分の目で確かめて『きれいなビューを何とかしたい』という衝動にかられた。地域の人に気軽に来てもらえるようにし、ミレニアム世代のコンテンツ作りをしたい。安全最優先に運行し、地域の活性化に貢献したい」と抱負を述べた。

2019年6月29日

スーツNG!私服で就活 学生に好評

長浜で「夏フェス」就職面接会、企業名隠すブースも

 湖北地域の企業60社が参加する学生就職面接会「湖北就活ナビ」が28日、長浜バイオ大で開かれた。学生の売り手市場を背景に近年、参加者が減少しているが、今年はコンセプトを一新して私服での参加を呼びかけたところ、昨年の倍となる87人が来場。リラックスできる雰囲気が学生にも好評で、主催者は手応えを感じている様子だった。

 面接会は若者の地元への定着と、地元企業の人材確保を目指し、2011年から長浜、米原両市が実行委員会を組織して毎年、開いている。当初は「リーマンショック」により就職先が見つからない学生に地元企業を紹介するのが目的で、初年は308人の来場があった。しかし、その後の景気回復に伴って人材が大手企業や都市部の企業に流れ、参加者は年々減少。昨年はわずか40人の参加しかなく、いかに学生を呼び込み、地元企業の魅力を発信するのかが課題となっている。

 今年は「夏フェス」をコンセプトに、学生が参加しやすい雰囲気づくりに取り組んだ。企業の担当者、学生、会場スタッフ全員を「スーツNG」として私服を義務付け、BGMにポップスを流すなど、面接会の堅苦しい雰囲気を取り払った。また、企業名を出さないことで、学生が先入観を持たずに企業の雰囲気や担当者の人柄などを知る「共感ブース」も設けた。

 参加した学生はリラックスした雰囲気で企業ブースを回り、企業の担当者と話を弾ませていた。参加した学生は「スーツだと縮こまってしまい、聞きたいことがあっても聞きにくい。きょうは気軽に話をできる雰囲気だった」「参加しやすい。来年もこのスタイルを続けたらいいと思う」と満足気。また、「個人的にパンプスが苦手なので、スーツNGはありがたい」と語る学生もいた。

 企業名を一切明かさない共感ブースに出展した企業の担当者は「これまでも出展していたが、学生がブースに来てくれない。同じようにやっていてはダメだと、チャレンジしてみた。うまくマッチングできるかは分からないが、面白い企画だ」と話し、学生は「仕事の雰囲気や、担当者の人柄、上司との人間関係などが分かった」と話していた。