モスクワで活躍の2人出演

7月、中川能舞台でリサイタル

 ロシア・モスクワを拠点に活動する若手音楽家2人によるデュオリサイタルが7月27、28日、地福寺町の中川能舞台で開かれる。出演は、東京音大卒業後、モスクワで研鑽を積むバイオリン奏者・福原すみれさんと、モスクワを拠点に国際的に活躍するチェロ奏者グレッブ・ステパーノフさん。

 プログラムは「無伴奏チェロ組曲」(バッハ)、「無伴奏バイオリンのためのパルティータ」(同)、「バイオリンとチェロのための8つの二重奏曲」(グリエール)、「パッサカリア」(ハルボルセン)。

 両日ともに午後1時開演。入場料は高校生以上1500円、中学生1000円、小学生500円。問い合わせは中川能舞台℡(62)0630へ。