滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



総裁選終え改憲へ   2018年 9月 21日

 自民党総裁選は20日、国会議員票と党員・党友による地方票の開票があり、安倍晋三首相が石破茂元幹事長を破り、連続3選を決めた。
 安倍首相は国会議員票329票、地方票224票の計553票を集め、石破氏は国会議員票73票、地方票181票の計254票だった(国会議員票の無効票3票)。大方の予想通り安倍首相の圧勝となったが、石破氏も地方票の45%を獲得するなど善戦した。滋賀県の場合は安倍首相4056票、石破氏2991票、無効9票だった。
 安倍首相が国会議員票の82%を占めた一方で地方票は55%にとどまり、国会議員と党員の意識差が顕著に示された。安倍首相側が石破派に「冷や飯喰う覚悟を」と脅すなど信賞必罰の締め付けが行われた国会議員はこぞって安倍首相を応援したが、その点、何ら圧力のかからない党員・党友らは自由意志に基づいて投票できた。また、石破氏への「判官びいき」の心理も働いたとみられるが、この6年間に蓄積された安倍首相への批判や不満が党員から示されたと分析できよう。
 興味深かったのは「安倍憎し」から、石破氏を応援する野党が目立ったことだ。国民民主党の玉木雄一郎共同代表は「石破先生が活発な議論を展開してもらえれば、日本の政界が活性化するきっかけにもなるのではないか」、同じく、大塚耕平共同代表も「安倍政権が民主主義を劣化させている。石破氏には頑張っていただきたい」と、それぞれ石破氏を応援していた。他にも「オレは石破さん推しだ。理由は簡単だ。安倍首相のことが嫌いだからだ」などという発言が出るように、野党における石破氏の人気は大きかった。
 野党が石破氏を応援する背景には「安倍憎し」以外にも、安倍首相が意欲を示す憲法9条改正を石破氏が「スケジュール感ありきでやるものではない」と批判し、早期改正に消極姿勢を示している点にあろう。
 自民党は時代に即した憲法改正を党綱領に掲げ、2012年には9条2項(戦力の不保持)を削除し、国防軍を保持するとした草案をまとめている。安倍首相はその草案より後退して2項を維持したまま自衛隊を明記する案を提唱しているが、石破氏は一貫して2項削除を主張している人物。野党からすれば安倍氏以上の「タカ派」なわけだが、「安倍憎し」の前では石破氏でさえ頼もしく思ってしまうのかもしれない。
 安倍首相は総裁選後、さっそく9条に自衛隊を明記する改憲案を国会に提出する決意を示した。モリカケ問題を大きな反省材料として、今度こそ国民に丁寧に説明する姿勢と責任が求められる。

続きを読む

過去のコラム

現代アート、気軽に触れて   2018年 9月 21日


現代アート、気軽に触れて

長浜市街地2会場で、若手作家3人展
 県立近代美術館は22日から長浜市の中心市街地2会場で滋賀ゆかりの若手作家3人の作品を展示する。リニューアル整備に向けて長期休館中の同美術館が遠方の県民に現代アートに触れてもらおうと初めて企画した「シガアートスポットプロジェクト」の第1弾。地域住民との交流会も企画しており、同美術館では「ふらっと気軽に見に来て」と呼びかけている。
 北陸と近畿を結ぶ北国街道により人やモノが往来して文化や産業が生まれた長浜の歴史に着目し、同美術館では街道を中心とした循環「サーキュレーション」をテーマに、作家3人に制作を依頼した。
 出品しているのは大津市出身の河野愛さん、薬師川千晴さん、岐阜出身で信楽に工房を構える度會保浩さん。いずれも1980年代生まれの若手作家で、長浜の社寺を訪ねるなどして作品への構想を膨らませてきた。
 作品はメイン会場(曳山博物館広場東隣)と北国街道サテライト会場(北国街道と祝町通りの交差点)で展示。ステンドグラスの技術を応用したオブジェや、リサイクル瓶と鏡を組み合わせた作品群、左右の手で同時に描いた平面など、作家それぞれが「サーキュレーション」をテーマに長浜の街や街道から着想を得た個性的なアート作品を並べている。
 同美術館の荒井保洋学芸員は「堅苦しく考えずにふらっと立ち寄っていただいて、現代美術に触れてもらえれば」と話している。22日午後2時から作家3人による作品の解説、同7時から交流会が、いずれもメイン会場で行われる。入場無料。午前10時から午後5時半、10月21日まで。


続きを読む

児童の安全、最優先に   2018年 9月 20日


児童の安全、最優先に

新「うみのこ」で初の不審者訓練
 今年6月に就航し、長浜港に停泊中の新学習船「うみのこ」で19日、初の不審者対応訓練が行われた。
 訓練は大津の小学生128人が乗っている船に、刃物を持った男が侵入。大声で叫びながら船内を物色している、との想定で行われた。
 船内放送を受け、教職員や船員らが3階の多目的室などにいた児童たちを2階の活動室に誘導。施錠し、カーテンで窓を閉め切った上、110番通報した。
 署員が急行すると、甲板にいた男は「関係ないやろ」「帰れ」と脅した上、暴れまくり、署員6人が男を取り囲むようにして「ナイフを捨てろ」などと、制圧。刺又やジュラルミン製楯などで身柄を確保し、銃刀法違反と公務執行妨害の現行犯で逮捕した。
 訓練後、長浜署地域課の小森秀和課長は「児童の安全を最優先し、スムーズに誘導できた」などと講評していた。


続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会