滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



一期一会と記憶力   2017年 12月 15日

 先日、ふらりと立ち寄ったフランス料理店。顔を出すのは半年ぶり3回目というのに、シェフもスタッフも「お久しぶりです」と声を掛けてくれた。「以前は5月にお見えでしたね」と。やはり接客業だけあってお客さんの顔を良く覚えているのだなと感心した。
 接客の心得には「一期一会」があるという。人と人との出会いは二度とは無いかもしれない、一生に一度の出会いであると心得て、亭主、客ともに誠意を尽くす心構えを説いた茶道の教えに由来し、店は客との出会いを大切に、客に無二の時間を過ごしてもらおうと、接客に専念する。ただ、これは何も接客業だけに言えることではなく、日常的な出会いや、大切な人とのお付き合いにも通じるところがあるだろう。
 小生も仕事でもプライベートでも多くの方に出会う機会に恵まれている。前出のフランス料理店には、最近知り合ったばかりの男性と出掛けた。インターネット上の気軽なやり取りから生まれた縁により、食事に繰り出すことになった。普段、まったく接点を持つことがない者同士の会話というのも、これまた無責任で刹那的、面白いものがある。ただ、二度と会う機会がないかもしれないので、一期一会を心している。
 さて、接客業のお客さんに対する記憶力だが、小生が最も驚いたのが、イタリア・ヴェネツィアの駅近くの庶民的な安宿での経験。10年ほど前に予約なしでふらっと宿泊し、レセプションやスタッフの気さくな対応、ロケーションが良かったのが印象に残って、その5年後くらいだろうか、再びヴェネツィアを訪れる機会があったことから、再び予約なしで顔を出した。「空き部屋ありますか?」と尋ねたところ、レセプションの男性が「5年ほど前にも来てくれましたよね」と話すではないか。パスポートを見せるどころか、名前も告げていないというのに。接客に長けた人の中には一度、顔を見たら忘れないという特殊能力の持ち主がいると聞くが、それにしても世界中から観光客が訪れるヴェネツィアにあって日本人なんてどれもよく似た顔であろうにと、そのレセプションの男性の記憶力に敬服したものだった。
 その点、小生は人の顔を覚えるのが得意とは言えず、出先で話しかけられて応答に戸惑うこともしばしば。先日もカフェで「新聞屋さんですよね」と声を掛けられたものの、誰なのかを思い出せず、「ヒントをください」と、何とも失礼な返事をしてしまった。何か良い方法がないものかと、いつも思案している。

続きを読む

過去のコラム

「心でたすきをつなげ」   2017年 12月 15日


「心でたすきをつなげ」

米原中駅伝男子、全国大会に初出場
 県駅伝大会で35年ぶり、2回目の優勝を果たした米原中男子チームが、県代表として希望が丘公園(野洲市)で17日に開かれる全国中学駅伝に初出場する。
 同校の在校生は158人で、うち男子生徒は76人。野球、サッカーなどの部活があり、9人(うち補欠3人)の優れた駅伝ランナーを揃えることは難しい。
 そのような中、彦根南中で一流アスリート・桐生祥秀選手(東洋大)を育てた億田明彦教諭がコーチに就任、指導したことにより、素質を持った選手たちが開花。県陸上大会などで優秀な成績を収める選手が出、少数精鋭でのチーム編成ができるようになった。
 10月、箱根駅伝4連覇を達成した原貢監督率いる青山学院大陸上部をゲストに招いた今シーズン最初の駅伝で1位になったことで、選手たちが勝つ喜びを感じ、チーム全体のモチベーションがアップ。また、原監督から直接指導を受けたことが刺激となり、ブロック、県、近畿駅伝と大会ごとにタイムを伸ばしていった。
 駅伝会場の希望が丘公園は足を取られやすい芝と起伏が多いコース。米原中の選手たちは琵琶湖岸や荒神山などで雨風に打たれながらも、練習を続けてきた。
 11月17日の県駅伝大会ではさきに走った女子チームが5位入賞したことで、士気が高まった。序盤から好位をキープし、アンカーで主将の中溝凪音選手がラストスパートで2位に30㍍の差をつけ、トップでゴールテープを切った。
 億田教諭は日ごろから「心でたすきをつなげ」と選手たちにアドバイスしている。前回、優勝した昭和57年は全国大会がなく、今回が初出場。チームの目標は「ゼッケン(25)よりも良い順位でゴールする」。顧問の北村利幸教諭は「日ごろの厳しい練習のおかげで、選手たちは自信を持ち、ひと回りも、ふた回りも成長した。全員、体調も良く、気持ちで負けないようにしたい」と話している。
 なお、全国大会、男子の部には48チームが参加。スタートは午後0時15分。


続きを読む

シーズン、突入へ!   2017年 12月 14日


シーズン、突入へ!

冬の風物詩、余呉湖のワカサギ釣り
 冬の風物詩、余呉湖のワカサギ釣りのシーズンが到来した。
 余呉湖漁協によると、今シーズンは魚のサイズが5〜6㌢と小さめ。解禁直後(11月24日)から滑り出しは上々で、最高は27日の1111尾。今年は半日ほどで平均180尾程度の釣果だという。
 週末を中心に親子連れらが京阪神や中京方面から大挙。304人が訪れた日もあった。常連客は「例年なら12月中旬から釣果がよくなるが、今年は早い」と話し、同漁協は「雪が降り、冷たい山の水が湖に流れ込むとさらに釣れるのでは。これからが本番」と語っている。午前6時から午後5時、来年3月末まで。無休。遊漁料は大人1400円、小中学生800円、釣具、エサの販売あり。


続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会