滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



なぜ月を目指すのか   2018年 8月 17日

 「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」とニール・アームストロング氏が語ってから約半世紀が経過した。
 今、米航空宇宙局(NASA)は2020年代の完成を目指し、月軌道上の宇宙ステーションの建設を計画している。月面探査の拠点、火星への中継基地として運用し、ロシアや日本も参加する方針。そして宇宙航空研究開発機構(JAXA)は日本人の月面着陸も目指している。
 日本は国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」の運用などで高い宇宙開発技術を持つ。こうした技術を生かして宇宙ステーションの運用に協力するわけだが、アポロ計画以来となる月面でのプロジェクトの一翼を日本が担うことは、日本の科学技術開発に大いに寄与するのではないかと期待する。
 49年前の人類初の月面着陸は、東西冷戦下、米国とソ連が国の威信をかけた宇宙開発競争を繰り広げた末に生まれた。ソ連のユーリイ・ガガーリンが世界初の有人宇宙飛行を成功させた後、米国が国民を鼓舞する宇宙計画を模索した結果でもあった。
 世界一の国力を持つ米国が軍事力と産業力を潤沢に投入して成功させたこのアポロ計画は、人類が初めて月面に着陸したという歴史的意義が極めて大きい。加えて、宇宙の軍事利用に拍車をかけることとなった。
 宇宙開発競争はソ連の経済を圧迫し、結果としてソ連崩壊の一因になったと指摘する分析もあるが、この崩壊を機に宇宙開発競争は下火になり、月面への有人機着陸を目指す理由もなくなった。経済性を考えると、莫大な費用に見合う効果が乏しいからだ。
 だが、人類は再び、月面への有人着陸に挑戦することとなった。その目的は月面探査や火星への有人飛行への準備だが、結局は人類の持つ探求心、冒険心がそうさせるのだろう。夜空を見上げた時、大きく浮かぶ月に、そこに到達できる技術があるのなら行ってみたいという憧れ。世界初のエベレスト登頂を目指したイギリスの登山家ジョージ・マロリー氏が「そこにエベレストがあるから」と語ったように。
 計画が順調に進めば2030年代には日本人の月面着陸が実現する。莫大な資金を投入して日本人がわざわざ参加する必要があるのかという指摘も出ようが、宇宙ステーション運用と月面プロジェクトへの参加が、日本の国民、特に子ども達に夢を与えるのであれば、大いに歓迎されるのではないだろうか。

続きを読む

過去のコラム

前田投手、金メダルに貢献   2018年 8月 17日


前田投手、金メダルに貢献

世界少年野球大会で3連覇達成
 アメリカで開かれていたカル・リプケン世界少年野球大会(U—12)で日本代表チームが優勝し、3連覇を達成。メンバーの前田悠伍投手(高月中1年)は投打で活躍し、金メダル獲得に貢献した。
 大会は4日から11日まで米国、ミズーリ州で開かれ、計18チームが参加。日本は米国以外の8チームが出場した「国際部」で全勝優勝し、アメリカ代表と世界一を決める「ワールドシリーズ」に進出。決勝でバージニアを6対2で破り、W優勝を達成した。
 チームは中学硬式野球、ボーイズリーグとヤングリーグの精鋭15人で結成。湖北ボーイズの前田投手は「国際部」予選リーグのドミニカ戦(8対3)と決勝トーナメントの韓国戦(5対0)に先発。韓国戦では5回を1安打0点で抑え、勝ち投手に。ワールドシリーズ、バージニア戦では代打で出場。レフト前ヒットを放ち、俊足を生かして相手のけん制ミスや悪送球を誘い、ノーヒットでホームに生還。世界一の立役者となった。
 前田投手は「代表チームのメンバーは高レベルで刺激になった」と振り返り「(U—15世界大会など)もう1回、日の丸を背負って戦いたい」と抱負を語っていた。
 大会はメジャーリーグ連続出場回数歴代1位などの記録を持つ元オリオールズの「鉄人」カル・リプケン氏が主催。日本チームは故・星野仙一氏(元プロ野球監督)の全面支援により、11年前から参加しており、今年はプロ野球、元巨人の元木大介氏が監督を務め、6度目の世界一を目指していた。


続きを読む

「ながいながいパン」発売   2018年 8月 13日


「ながいながいパン」発売

つるやパン、「内藤製パン」ほぼ復刻
 朝日町の「つるやパン まるい食パン専門店」は17日から、内藤製パンの人気商品だった「通称・長いパン」を再現した「ながいながいパン」を発売する。
 「長いパン」は内藤製パン店主・内藤信次郎さんが発案した長めのコッペパン。店の看板商品でホワイトクリームとチョコクリームをはさんだ2種があった。
 内藤さんが20年ほど前他界し、空き店舗だったのをつるやパンが「まるい食パン専門店」として2年前にリニュアルオープンしたところ、懐かしむ客から「長いパンを食べたい」という声が相次いだ。
 つるやパンでは客のリクエストに応えようと、情報収集し、試食会を開催。参加者の記憶を頼りに大きさや味を調整し「ながいながいパン」を作った。長さは「サラダパン」の約2倍、33㌢。客の注文を受けてから、その場でホワイトクリームか、チョコクリームをサンドする。1日限定40本で、1本250円。水曜と日曜は販売しない。
 専務の西村豊弘さんは「長いパンを食べた人の思い出を、ほぼ復刻できたと思う。販売後も改良を重ねながら、歴史につながる『ながいながいパン』にしたい」と話している。営業時間は午前7時から午後5時。


続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会