滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



長浜市議選告示へ   2018年 7月 13日

 任期満了に伴う長浜市議選は15日告示を迎える。定数26人に対して29人が立候補を準備しており、15日になれば市内全域を選挙カーが駆け巡り、賑やかになることだろう。
 立候補予定者の年齢は30代の新人から70代のベテランまで幅広いが、主力は60代。落選するのはたった3人ということで、4年前の8人オーバー、8年前の10人オーバーと比べると、ずいぶん「平穏」な選挙戦となる。地盤や組織、知名度のある候補者はよほどの下手を打たない限り、当選を逃すことはない。
 ただ、有権者としてはどの候補が市民の声を市政に届け、かつ市政をしっかりチェックするのか、その政見と実行力を見極めたいものだ。
 さて、市議選を前にある政党が市民アンケートを実施したところ、市民からの回答は市や市議会に対して非常に厳しいものだった。特にJR長浜駅前の再開発事業に対しては「大金を投じて造った誰も利用しない連絡橋(ペデストリアンデッキ)は景観を損ね、邪魔としか言いようがなく、税金の無駄遣い以外の何ものでもない」「駅前は車の送り迎えも不便になって最悪だ」などと批判が列挙されている。さらに「多額の税金を無駄遣いしていると思う市民は多い」「市長の責任であるが、市議会の責任も重大」「市議会がまったくチェック機能を果たしていない」と、市政を監視する役目である市議会に対しても厳しい意見が並んだ。
 また、地域の声をより吸い上げて欲しいとの願いだろう、「市議会議員の手当てを上げても良いので、各連合自治会のパイプ役として、市政の底上げを図って欲しい」との意見もあった。
 有権者は今度の選挙を通じて、市政や市議会に対する要望や意見、そして不満を候補者にぶつけるべきだろう。たった3人オーバーの選挙戦に「今回は安泰だ」と胡坐をかく候補者がいるとすれば、真正面から市政課題を問い、緊張感と使命感を再認識させることも有権者の役割ではないだろうか。

続きを読む

過去のコラム

生態学び、保護・発表へ   2018年 7月 13日


生態学び、保護・発表へ

高時小でオオサンショウウオ学習
 「日本オオサンショウウオの会長浜市大会」が10月6、7の両日開かれるのを受け、高時小学校の4年生が大会発表に向け、学習を進めている。
 同校の近くを流れる大谷川には国の天然記念物のオオサンショウウオが棲息。4年生の7人は長浜バイオ大学アニマルバイオサイエンス学科の斉藤修教授(59)からオオサンショウウオの生態などを学んでいる。
 12日には斉藤教授の出前授業があり、児童たちはこれまでの学習で疑問に思ったことを質問。オオサンショウウオを守る上で自分たちができることなどを教えてもらった。
 児童たちは「何歳まで生きるの?」「産んだ卵は、すべて生まれてくるの?」などと質問すると、斉藤教授は「飼育されたもので51年生きた記録が残っており、人の寿命に近い」「メスは産卵後、巣穴を出て、オスが卵を守る。オスは体を動かして新鮮な水を巣穴に送り、死んだ卵は食べて清潔にしている」などと説明。児童たちはメモを取りながら、教授の話を聞いていた。
 また、この日は大谷川の増水で保護された体長75㌢のオオサンショウウオを間近で観察。「呼吸している」「かわいい」「何回見ても飽きない」などと歓声をあげていた。
 谷口ももかさんは「教えてもらったことは知らないことばかりだった。もっと勉強し本番で発表したい。地元の人や長浜バイオ大学の人たちとオオサンショウウオが棲み続けられるような高時にしたい」と話していた。


続きを読む

曳山全13基、模型で再現へ   2018年 7月 12日


曳山全13基、模型で再現へ

元大工・細江さん、木材商・鳥居さんがタッグ
 長浜市内の元大工と木材商がタッグを組んで、ユネスコ無形文化遺産に登録された長浜曳山まつりの曳山全13基の模型製作に取り組んでいる。すべて完成の暁にはジオラマとして展示し、観光客に曳山まつりの雰囲気を楽しんでもらいたい考えだ。
 模型製作に取り組むのは八幡中山町の元大工・細江恒夫さん(76)と、鳥居木材(加田町)の会長・鳥居治夫さん(79)。
 細江さんは模型愛好家グループ「びわ湖モデラーズクラブ」に所属。持ち前の技術を生かして旧海軍の戦艦や空母などを製作してきたが、曳山は初めての試み。図書館や曳山博物館などで曳山の図面を入手し、昨年10月から自宅で1基ずつ手作りしている。
 模型は約20分の1スケールで、曳山を支える土台「下山」や舞台、楽屋、「亭」と呼ばれる2階部分を、すべてヒノキ材を組み合わせて作り、飾金具や彫刻もできる限り再現。ヨーロッパなどで製作された幕類も手描きで表現した。材料のヒノキ材は鳥居木材が提供した。
 観光ボランタリーガイドも務める鳥居さんが長浜を訪れる観光客に春の曳山まつりの雰囲気を感じてもらう「仕掛け」が欲しいと考えていたところ、昨秋、市内で行われた模型展で、仕事を通じて付き合いのあった細江さんに約10年ぶりに再会。「以前から、曳山の模型を全部こしらえたら面白いだろうなと思っていた」と話す細江さんと意気投合し、模型作りを後押しすることに。
 これまでに高砂山、常磐山、月宮殿、萬歳楼の4基が完成し、そのお披露目として12日から市街地の「黒壁AMISU」のショーウインドウで展示が始まった。
 鳥居さんは「黒壁に展示することで多くの観光客に曳山まつりを知ってもらい、地域起こしにつながれば」と話し、細江さんは「目が悪くなっているので、彫刻を再現するのが難しいが、やりがいがある。来年の夏までに13基すべてを完成させたい」と話している。


続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会