滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



獺祭   2017年 8月 18日

 お酒好きなら誰もが知る日本酒の逸品「獺祭」は、字のとおりカワウソのまつりと書く。中国ではカワウソが川で捕まえた魚を岩の上や岸に並べて食べる習性を祭祀に例えて「獺祭」と呼んだそうだ。晩唐期の詩人・李商隠は作品を短冊に書いて書斎に並べたことから、自らを「獺祭魚」と号した。正岡子規も李商隠への憧れから「獺祭書屋主人」と称し、子規の命日(9月19日)は「獺祭忌」とも呼ばれる。
 大津市の天神川沿いに立つ松尾芭蕉の句碑には「獺の祭見て来よ瀬田の奥」と刻まれている。芭蕉がこの句を詠んだのは1690年のこと。当時、琵琶湖や瀬田川に数多くのカワウソが生息していたことがうかがえる句でもある。
 しかし、そのカワウソは毛皮目当ての乱獲によって激減した。彦根藩士・藤居重啓が1815年にまとめた「湖中産物図證」には酒樽を使った罠でカワウソを捕獲していたことが記されている。乱獲から逃れたカワウソも水質悪化や護岸工事によって姿を消した。日本で野生のカワウソが最後に確認されたのは高知県の1979年だった。環境省は2012年、ニホンカワウソの絶滅を宣言した。
 その野生のカワウソが38年ぶりに国内で発見された。琉球大学の伊沢雅子教授が17日、今年2月に長崎県の対馬で撮影したカワウソの動画を発表した。約20年間、ツシマヤマネコなどの生物調査を行っていたところ、無人カメラにカワウソが映っているのを確認した。環境省が現地で採取したふんなどからDNA型を調べた結果、カワウソのものと断定し、少なくとも2体以上が生息しているそうだ。
 さて、これらのカワウソがニホンカワウソの生き残りなのか、それとも韓国の離島に生息するユーラシアカワウソが流れ着いたものなのかは今後の調査が待たれるところだが、豊かな自然が残る対馬でニホンカワウソが人目を忍んでひっそりと生き残っていたのであって欲しいと願う。そして、できるなれば、カワウソの祭祀がどんなものなのか、見てみたい。

続きを読む

過去のコラム

中学生269人 直接指導受ける   2017年 8月 18日


中学生269人 直接指導受ける

関西フィル楽団員が楽器クリニック
 関西フィルハーモニー管弦楽団による演奏指導「楽器演奏クリニック」が18日、長浜北中学校で開かれ、市内10中学校の吹奏楽部の生徒269人が参加した。
 長浜文化スポーツ振興事業団が毎年、関西フィルの演奏会を開いているのを縁に、プロの演奏家の指導で市内の中学生に技術と音楽への関心を高めてもらおうと、5年前から楽団メンバーを講師に招いている。
 この日は、楽器の種類や学年によって24グループに分かれ、ホルンのグループでは川村真菜美さんが2年生、籔川佳子さんが1年生を指導した。「ホルンは世界で一番難しい楽器としてギネスにも認定されている」「音域が広いので、音を外しやすい」と特徴を説明し、きれいな音の出し方について「目玉焼きを例にすると、黄身が音の芯、白身が音の響き。大事なのは音の芯をしっかりと出すこと」などとアドバイス。楽器の持ち方や息の吐き方、舌の動かし方をはじめ、演奏が上達するコツを教えていた。生徒は真剣な表情でメモを取ったり、演奏に耳を傾けたりしていた。


続きを読む

道路愛護を13年継続   2017年 8月 17日


道路愛護を13年継続

伊香高花いっぱいサークルを表彰
 滋賀国道事務所は長年、道路の愛護活動に取り組んでいる「伊香高校花いっぱいサークル」を表彰した。
 愛護活動は授業の一環として、平成16年に木之本町木之本の国道8号線沿いの歩道約750㍍間にプランター約40基を設置。現在は環境情報コースの2、3年の生徒たちがベゴニアやサルビアなどを植え、地域に潤いを与えている。
 同校で開かれた表彰式では竹内勇喜所長から生徒会長の朝見泰成君(3年)に表彰状が手渡された。竹内所長は「長年のボランティア活動に敬意を表する。国道8号線沿いを四季折々、地域の和む空間を創出してくれている。この運動が各地に広がり、地域に愛される道づくりが進めば」と話し、朝見君は「どんな小さなことも地道に続ければ、報われることがわかった」と謝意を述べた。
 同校によると、花いっぱい運動を13年間、続けていることで、周辺のポイ捨てごみが減り、ドライバーの安全運転につながっている、という。なお、同じ道路愛護で高島市のマキノ・追坂峠花クラブも表彰された。


続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会