滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



安土城復元、正夢に   2019年 1月 10日

 織田信長が琵琶湖のほとりに築いた絢爛豪華な安土城。城の外壁は各層が朱や青、白色に彩られ、最上層は金色。内部は京都の絵師・狩野永徳の絵で飾られるなど、当時の技術と芸術の粋の集大成して造られたとされる。歴史ファンでなくとも、その姿を見てみたいと思う安土城について、今、復元の気運が高まりつつある。
 切り出したのは三日月大造知事。昨年、滋賀経済産業協会から復元の提言を受け、新年になって公の場で復元への夢やロマンを語り出した。新年度の予算にも関連経費を計上する見込みという。
 安土城は1579年に築かれたが、3年後の「本能寺の変」で信長が明智光秀に討たれた後に焼失した。今では石垣の一部を残すのみ。たった3年間しか存在しなかったことから、当時の城の姿をうかがい知る史料はほとんどない。
 安土城を描いた史料としては、信長が狩野永徳に描かせたとされる「安土城之屏風」がある。その屏風は天正遣欧使節を通じて当時のローマ法王に献上された。献上後の行方は不明だ。2007年には地元の旧安土町が調査団をバチカンに派遣したが、発見には至っていない。
 復元計画を具体化するには、まずは安土城の姿を解明する必要がある。そのためには屏風の発見が不可欠だ。再度、調査団を派遣し、徹底的な追跡を期待したい。
 また、莫大な資金が必要となる。「300億円」という金額が飛び出すなど、とても滋賀県や地元の近江八幡市が賄える金額ではなく、民間資金の活用が欠かせない。ただ、信長の安土城を復元する計画が具体的に持ち上がれば、全国の歴史ファンからの出資や寄付も望める。
 城の復元をめぐってはコンクリート製の名古屋城の天守を解体し、木造で復元する作業が進んでいる。来年には明智光秀を描いた大河ドラマ「麒麟がくる」が上映される。戦国時代や信長に注目が集まるのは想像に難くない。安土城復元のハードルは高いが、新年早々の夢のある話題が、是非とも正夢となることを願いたい。

続きを読む

過去のコラム

漢字で遊ぼう2019 答え[長浜版]   2019年 1月 11日


漢字で遊ぼう2019 答え[長浜版]

続きを読む

漢字で遊ぼう2019 答え[伊香・東浅井・米原・彦根版]   2019年 1月 11日


漢字で遊ぼう2019 答え[伊香・東浅井・米原・彦根版]

続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会