滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



新潟県知事選   2018年 6月 11日

 新潟県知事選は10日投開票され、前海上保安庁次長・花角英世氏(60)が前県議・池田千賀子氏(57)ら2人を破り、初当選した。
 花角氏が54万6670票、池田氏が50万9568票と約4万票差だった。投票率は58・25%で、前回より5・20ポイント上昇した。
 選挙は事実上、国政与野党の代理戦争となっていた。自民、公明が花角氏を支持したのに対し、立憲民主、国民民主、共産、自由、社民は池田氏を推薦した。
 野党の党首や幹部が続々と新潟入りして森友・加計学園問題を追及。安倍政権を批判して、官僚出身の花角氏を「官邸の言いなり」と指摘していた。一方の花角氏は自民、公明の「推薦」ではなく「支持」にとどめて政党色を薄め、「県民党」との姿勢を貫いた。
 また、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重姿勢を見せていた米山隆一前知事の辞職に伴う選挙だったことから、原発再稼働が争点の一つになるとみられていたが、再稼働を推進する自民党が支持する花角氏も再稼働に慎重な姿勢を示したことで、争点化を回避。再稼働反対票を取り込むことに成功した。
 かつて「保守王国」と呼ばれた新潟では、2年前の参院選と知事選、昨年の衆院選で自民党系候補の多くが敗れた。いずれも野党共闘が奏功した結果だった。今回は花角氏の戦術が野党勢力に打ち勝ったという見方もできるが、自民、公明が黒子に徹することでの勝利は、安倍政権の地方での求心力低下を示すものであろう。
 一方の滋賀県知事選(24日投開票)。国政与野党が揃って現職の三日月大造候補を支持し、対立する近藤学候補を推すのは共産のみ。「非共産対共産」という構図に、県民の関心はいまいち。三日月候補が現職ゆえに総花的な政策を訴えるのに対し、近藤候補が滋賀国体への巨費投入の見直しを訴えて一点突破を図るのかと思いきや、安倍政権批判や憲法改正反対、原発再稼働反対なども取り上げている。
 両候補の噛み合う争点が乏しく、投票意欲を削ぐことになりはしまいか大いに心配している。

続きを読む

過去のコラム

小菊、被災地の活力に   2018年 6月 12日


小菊、被災地の活力に

山口夫妻、双葉町に贈り続け6年目
 高月町高野の山口賢孫さん(78)・和子さん(76)夫妻は12日、福島第一原発事故で被災した福島県双葉町のいわき事務所に自家栽培の小菊300本を贈った。
 山口さん夫妻は34年前から仏花用の菊を育てており、10㌃の畑で年間7万本を出荷している。2013年3月、市民グループ「双葉町を支援する会」(岩根博之会長)が主催した映画会に参加したことや地元に同じ被災地、大槌町出身の女性がいることから、「花で希望が与えられたら」と同会を通して小菊をプレゼントするように。
 山口さん夫妻は白、黄、赤の花を5本ごとに束ね、ラッピング。「花は心にやすらぎを与えてくれる癒しのもと。明日への活力にしてください」などと書いたメッセージを添えた。
 毎年、この時期に合わせ開花するよう育てており、プレゼント後は必ずお礼の写真や礼状が送られてくる。和子さんは「お礼の手紙が何よりも嬉しい。喜んでもらえるのなら」と目を細めていた。


被災地の住民「大変ありがたい」、未だ自宅入れず
 震災から7年を経過するが現在、双葉町では特定復興再生拠点区域555㌶の除染が始まったばかり。未だ津波被害地の4%程度のエリアしか、立ち入れず、ほとんどの住民が自宅にも近寄れない。
 町民約7000人は全国41都道府県に分散、避難したまま。うち、いわき市には約2000人が住んでいる。23日には同市に公営住宅が完成するものの、復興は思うように進んでいない。
 双葉町いわき事務所では山口夫妻から贈られた小菊を玄関先に置き、来庁者が自由に持ち帰りできるようにしている。
 小菊のプレゼントは毎年、町の広報誌でも紹介されており、同事務所秘書広報課の板倉幸美課長は「支援が年々、減ってゆく中、大変ありがたいこと。仏前に供えるなどし、皆さん喜んでもらっている」と話している。


続きを読む

良いくじ引けた?   2018年 6月 11日


良いくじ引けた?

長浜西中で曳山まつり体験
 長浜西中学校で9日、地元の長浜曳山まつりについて学ぶ「曳山文化教室」が開かれ、1年生がくじ取り式を体験した。
 曳山まつりの山組をエリアとする同校では、1年生がまつりの見学や神事の体験などを通してまつりに親しんでいる。この日の曳山文化教室には伝承委員会や若衆会、長浜八幡宮などまつり関係者約40人が協力した。
 くじ取り式は長浜八幡宮への子ども歌舞伎の奉納順を決めるため、本日の2日前に執り行われる儀式で、本来は男性のみで行うが、この日は女子生徒も赤鉢巻を締めた「くじ取り人」の大役を務めた。
 5クラスを15班にグループ分けし、それぞれ「ヨイサー」の掛け声をあげて教室から練り歩き、体育館に整列。長浜曳山まつり伝承委員会の家森裕雄委員長から式の手順について説明を受けた後、くじ取り人が奉納順を記したくじを置いた三宝を選んで、合図に合わせて一斉に開いた。他の生徒や若衆は扇子を広げて「ヨイサー、ヨイサー」と盛り上げていた。
 くじ取り式の結果で、合唱コンクールでの各クラスの発表順を決める。


続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会