滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



2人の英雄   2017年 11月 17日

 アフリカ南部に位置するジンバブエのムガベ大統領が軍のクーデターによって自宅軟禁状態に置かれている。背景には93歳のムガベ大統領の後継者をめぐる問題があるとされる。後継者は大統領のグレース夫人と側近のムナンガグワ氏の2人が有力候補となっていたが、ムナンガグワ氏が先週、副大統領を解任されたことで、同氏に近い国軍がクーデターを主導したとされる。
 目下、国軍が大統領に辞任を求めているが、40年近くにわたって独裁政権を維持してきたムガベ大統領が応じる気配はないそうだ。
 ジンバブエは第1次大戦後にイギリスの植民地「南ローデシア」となり、第2次大戦後は白人至上主義の「ローデシア共和国」として独立した。ムガベ大統領は白人政権による人種差別政策に対抗する黒人闘争を主導し、1980年の総選挙で大勝。ジンバブエ共和国の初代首相を経て大統領に就任後は、権力の集中、政敵の弾圧で独裁政権を築いた。
 経済政策については白人農場の強制収用など経済の根幹を支えてきた白人を排除する過激な政策を打ち出したことで大混乱に陥った。100兆ジンバブエドル札を発行するほどのハイパーインフレに見舞われた金融政策の失敗は有名。「暴君」「独裁者」として、その国際的評価は著しく低いが、「孔子平和賞」に選ばれるなど一部の国には評価されている。
 時期を同じくして、南アフリカ共和国でアパルトヘイトと戦った人物にネルソン・マンデラ氏がいる。反逆罪で27年間もの獄中生活を余儀なくされたが、総選挙で大統領に就任した後は、アパルトヘイト政策の下で対立することとなった民族や宗教の融和・協調に心を砕いた。人種差別との決別、国民の融和を進めるため、青、赤、黄、緑、白、黒の原色に彩られた新国旗を制定したのが象徴的だった。マンデラ氏は権力にしがみつくことなく、たった5年で大統領を引退し、4年前に亡くなった際にはその追悼式に各国の大統領や皇族が参列。日本からも皇太子が出席された。もちろんノーベル平和賞など国際的にも評価されている。
 白人政権による差別政策と戦った黒人の英雄がなぜにこうも違う道を歩むことになったのだろうか。

続きを読む

過去のコラム

古民家を手作りで絵画教室に   2017年 11月 18日


古民家を手作りで絵画教室に

 朝日町に古民家をリフォームした絵画教室「ナガハマ アート ラボ」がオープンした。
 主宰の松野智樹さん(33)=彦根市芹中町=は、大阪成蹊大学美術学部で油絵などを学び、卒業後は作家の傍ら、古民家をギャラリーにリメイクするプロジェクトに参加したり、イギリスを中心にヨーロッパで活動していた。
 新たな拠点、居場所となる場所を求め、3年前、長浜図書館近くにアトリエ兼教室を開設。近くに空き家があることを知り、移転することに。
 古民家は築100年余りの木造2階建。いわゆる「うなぎの寝床」で、8畳間が6部屋あった。松野さんはリメイクプロジェクトの技術を生かし、教え子たちの力を借りながら、わずか10日間ほどで畳の間を板張りに変え、壁などをリメイク。モチーフ棚や製作用の照明などを設置した。
 おしゃれな窓ガラス細工なども配しており、室内は落ち着いた雰囲気。「創作活動に没頭できるアトリエ」(松野さん)という。リフォームは途中段階で、改修過程を見ることもできる。
 松野さんは「創作活動にベストな環境づくり、居心地良いスペースを作りたかった。家に絵画を飾るなど、アートへの理解が進めば」と話している。
 教室には現在、子どもから大人まで約40人が通っており、年齢などでクラス分けしている。


続きを読む

鶏足寺の紅葉、見ごろ   2017年 11月 17日


鶏足寺の紅葉、見ごろ

参道のレッドカーペット鮮やか
 木之本町古橋の鶏足寺で、紅葉が見ごろとなり、モミジ狩りを楽しむ観光客で賑わっている。
 参道には200本余りのモミジの古木が並んでおり、赤く色づいている。地元の人によると、ここ数日の厳しい冷え込みで、異常なほど落葉が早い。しかし、ここの売りは赤いカーペットを敷き詰めたような参道。
 参道の隣にはカメラスポットを演出する脇道が整備され、モミジが観光客に踏み荒らされず、より美しい光景が見られるようになった。この景色は1週間ほど続く。タイから訪れたカップルは「とても寒い。こんな素晴らしい光景は見たことがない」と感動していた。なお、奥びわ湖観光協会は散策の際、協力金200円を呼びかけている。


続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会